わすれな草

日々心にとめたことをを31音の短歌で表してみたいと思います。一生に一度しかない今日の私を忘れないために・・・

啓蟄の虫

2017-03-06 17:36:59 | Weblog

                

            啓蟄の虫が家内の硝子戸に家主の如く春陽浴みをり

 昨日は啓蟄でそろそろ冬籠りの虫がはい出してくる頃です。でもまだ見かけないなあと思っていたら、陽が傾きかけたころなんと虫の第一号に出合いました。それがなんと私の寝室でしかもあの嫌がられる臭い虫、亀虫にです。夕陽に浮きあがった姿が結構美しかったのでカメラを持って窓の外に行くと、なんと外側ではなくて内側だったのです。ええっ! 私はこの長い冬の夜をこの亀虫と眠ったのかと思うとぞっとしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緋色の記憶 | トップ | すももの花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL