わすれな草

日々心にとめたことをを31音の短歌で表してみたいと思います。一生に一度しかない今日の私を忘れないために・・・

土筆

2017-04-04 22:02:14 | Weblog

 

      川土手にあまた顔出しつくしんぼが白い顔してわれを呼び止む

      つくしんぼはポンと音たて摘まれつつ煙の如く胞子を零す

      土筆(つちふで)と書きてつくしと読むごとく見れば見るほど筆の形す

      川土手に摘みたる土筆を掌の中に握れば伝ふ春の温もり

 今日は随分暖かくなりました。いつもの川土手を歩いて郵便局に向っていると、つくしんぼが目に入ったので帰り道に摘みました。摘む音がぽきぽきとあたりに響き、胞子がまるで煙のように零れるのが良く見えました。手に余るほど摘んでうきうきと家に帰りました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お花見 | トップ | やはり野に置けつくしんぼ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL