わすれな草

日々心にとめたことをを31音の短歌で表してみたいと思います。一生に一度しかない今日の私を忘れないために・・・

子宝草

2017-05-12 21:19:16 | Weblog

    

        葉の周りにあまたの子ども宿しゐる子宝草の神秘さに遭う

       「ご自由に・・・」の立札のあり優しさに感謝しひと鉢貰いひて帰る

 歩いているといろいろな触れ合いがあります。今日は顔の見えない暖かい心に触れた日でした。午前中に用事で出かけたのですが、とある道辺に植え付けたポットがいくつか置いてあり、傍の立札には達筆で「子宝草(冬は室内へ) ご自由にお持ち帰りください」とありました。そして大きく育った見本まで置いてありました。歩いていればこんないいこともあると感謝しながら、優しいお心を一つだけいただいて帰りました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギシギシとスイバ | トップ | 野芥子の綿毛 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL