節約すればこんなことが・・・

工夫して節約すればこんなことができるんです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原資を節約する上で肝を教えます。

2016-10-12 | 節約方法
経費を節約する上で大切なことは二つあります。
   ①無駄な消耗を特定する。
   ②ストレスのない範囲で無駄な消耗を燃やす。
                の二つが大切です。

①無駄な消耗を特定する。
低減を企てるときの基本は、無駄な消耗を特定することです。これは、ひと月ほど暮らし簿を付けた上で消耗をチェックすることから始めます。そして、公明正大視点でその消耗が自分にとって収入を導き出すかをチェックします。当然、収支の消耗が自分に収入をもたらすものではないですが、その中でも自分にとって不利益を差し出す消耗、例えば無駄な買い食いで自分に
壮健を損なう不利益を導き出すのであればその消耗を燃やす努力をする必要があります。勿論、消耗の取り分け長い目で見たら収入を生みだすグッズもあるので、こういう無駄な消耗を探し出す時は十分な時を必要とします。

②ストレスのない範囲で消耗を燃やす
さて、無駄な消耗を割り出した段階で低減の9割方は終わっている。しかし、残りの1割です②の申し入れを無視すると非に終わります。無駄な消耗を燃やすため経費の低減は出来ます。しかし、こういう消耗のを燃やすエリアが自分の攻撃の感じない範囲でないと、逆にストレスから破格消耗を招きます。飽くまで攻撃の掛からないエリアを見極め少しずつ無駄な消耗を減らして行きましょう。
以上の2詳細を、基本に消耗を減らしていけばじりじり経費の低減ができると思います。すに、実益を勧めずゆるゆる消耗を切り落とし経費を節約する。最初は難しいとおもいますが100円でも200円でも切り捨て作用を実感できると逆に切り捨て蓄えるのが面白くなります。まずはレジャー感覚で、心がけると他と上手くいくかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンシャインは削減に至るの... | トップ |