日々是ぶった切り~非モテ男のせつなさみだれうち!

政治・経済・社会を非モテ男視点で切り、他にもなんか楽しいことを見つけて書きます。
非モテ男が駄文をせつなさみだれうち!

出世と向上心

2017-04-07 20:34:04 | 政治・経済・社会ネタ

 下記のリンクにおいて、出世欲がない男性について、「向上心がない」等という理由で避難している人が相当数いるらしい。
 しかしながら、出世すること以外で要求されないということ自体、社畜として洗脳されているあかしである。
 そもそも、たとえば一下っ端として、技術的に優れた仕事を極めたりすることなどがある。そもそも、出世して管理職などになると、そのような「技術」を磨く機会は大幅に減ることが多いため、技術的に優れた仕事を追求したいのであれば、出世などしない方が向上心を満たすことができる。
 さらに言えば、「仕事」という領域以外でも人間の向上心を発揮することは可能である。
 たとえば「家事」。家事を大雑把に構成する3大要素と言われている「炊事・洗濯・掃除」(他にも家事について要求される大きな要素があったら.それぞれについて、極めようとすればきりがないほど向上することは可能である。そして、家事を極める先に「同居人がより快適に過ごせるような家事サービス」や、「子どもなどにとっての良い環境」・「より美しく・より善く生きる」などという目標があることを考えると、さらに向上心が必要である。おまけに、誰かが管理してくれるわけでもないので、「自ら目標を管理する能力」も必要であり、結果として大変な「向上心」を発揮することができる。
 他にも、武道などの世界や地域活動など、別に仕事のみならず、さまざまな分野での向上心を要求される場面はいくらでもある。
 さらにいえば、出世をしようなどというのは限りあるポストを、他人を蹴落としてでも手に入れようということであり、人格的には出世したくないものよりも劣悪なケースが多々あることが考えられる。郷土の特権財によって生きようなどというのは、他人をこき使うことで自らの権力欲を満たそうという非人道的な振る舞いであり、そのような人格劣悪な人種であることを「お相手」の要件とすること自体、劣悪なる人物であることを証明しているようなものであり、確実に「出世」によって向上するのは「収入」と「体面」だけである。そして、それを追求することは、「相手=現金自動預け払い機」としての機能の「向上」のみを要求していると考えられる。そんな相手と結婚するくらいなら、非モテライフを送った方が人間的に「向上」する機会をつかめるという点で、よっぽどましなのである。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ウヨクのSNS「モリ☆イナ~... | トップ | 書評 『超インフラ論 地方が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL