日々是ぶった切り~非モテ男のせつなさみだれうち!

政治・経済・社会を非モテ男視点で切り、他にもなんか楽しいことを見つけて書きます。
非モテ男が駄文をせつなさみだれうち!

バターについてのEPA

2017-06-14 18:31:37 | 政治・経済・社会ネタ

この記事によると欧州との経済連携協定で、バターに「低関税枠」を設けるらしい。
バターといえば、この日本においてほぼ唯一、よく使う日用品で品薄になるものである。そして、多くの家庭では、バターを買い置きしている人もそれなりにいると思われる。
何故そういうことになるかといえば、バターそのものの単価が飲用の牛乳よりも安かったりするため、国内で生乳が不足するとバターに全てしわ寄せがいったりするという仕組みもあったりするのだが、根本には「計画どおりに行くはずのない世の中」であるにもかかわらず、「計画どおり」を前提としているという生産調整の仕組みがある。そして、彼らの言い分からすれば、国内で生乳を余らせることを防ぐためとはいうものの、今度はただでさえ世界で余っているバターを消化させないということにつながっており、世界的な資源の無駄を引き起こしている。
厳しい言い方をすれば、凶作などの極端な自然災害がないにもかかわらず、おきまりのように国内需要を満たせない需給システムを抱えている状況では、その産業は保護に値しないといっても言い過ぎではない。これが例えば超後進国で資本の蓄積がなく、これからその産業を育成しなければその国の経済自体がたちいかないといったことでもあれば話は別なのだが、そういう「やむを得ない事情」も存在しない。(大抵そういう国では通貨が極端にやすいため、それが先進国からの輸入に対して障壁になる)
我が国でこれほど国内需要が頻繁に満たせなくなるにもかかわらず保護されている産業を私は他に知らない。生産調整システムそのものの大いなる罪であり、そのシステムを残す限り「低関税枠」など設けたところでその分だけ生産調整が起き、需給の逼迫もまた定期的に起こる。さっさとそのようなシステムは解体し、「低関税枠」などではなく、市場によって需給がきちんと調整できるよう、「全体の低関税化」を推し進めていただきたいものである。


ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
« 義家副大臣更迭の可能性 安倍... | トップ | 「政治家の本質」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL