日々是ぶった切り~非モテ男のせつなさみだれうち!

政治・経済・社会を非モテ男視点で切り、他にもなんか楽しいことを見つけて書きます。
非モテ男が駄文をせつなさみだれうち!

志は人を説得できるか

2017-06-13 14:11:44 | 政治・経済・社会ネタ


この記事によると、前川前事務次官が菅官房長官を刑事告訴すると息巻いているらしい。
しかし、明らかにこれはやりすぎであり、反政府派の印象を悪化させるだけである。
なぜなら、すでに「忖度問題」と「文書問題」は彼の手を離れ、政治のステージで決着をつけことになっている問題である。そして、両方とも(明らかな賄賂でも証明できない限り)司法の場で現政権の人間を攻撃するのは極めて困難といえる。(「首相のご意向」があったとしても基本は「裁量の範囲」で片付けられる)
だとすれば、現政権がふさわしいかという国民の審判を受けさせるのが妥当なのだが、本来筋違いの「司法の場で訴える」という手法をとったとすれば、彼自身が「何が何でも政府の人間を潰したいやつ」と見なされ、ウヨクなどからは「政権を転覆させようとする中国・韓国のスパイに違いない」などと文句をつけられ、挙句発言の信ぴょう性までも怪しまれるということになり、何一ついいことはない。
なぜ彼がここまでやりたいかと自分なりに考えたが、おそらく国民そのものが信用できないと判断しているのだろう。そして、もし彼が志の高い人物であったとしたら、自分の手で決着をつけるしかないと考えていると思われる。
しかし、それはすでに役人としての領分をはるかに超えた仕事である。一人のエリートの英知と自己犠牲よりも、百万人の凡人の大騒ぎの方がインパクトが大きいのだ。もし前川事務次官が本気で「信頼に値しない政権のよくわからない意向が何の説明もないままに通ってしまうのはフェアではなくおかしい」と考えているのであれば、自分の手で決着をつけようとするのではなく、国民という第三者を意識し、ディベートのプレイヤーになったつもりで、100万人を味方につける方向で、勝負していただきたいものである。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 梅雨で嫌なこと | トップ | ミサイル公共事業 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL