菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

つくば市花畑で、演説場所を変えても、嫌がらせする人に出会いました

2016-10-19 15:47:30 | 議員活動
 今日は、なんとしても20ヶ所はこえようと勇んで出かけました。
 初めは、大曾根をやっていましたが、だいたい終わったので、花畑へ向かいました。
 花畑は、新住民のアパートが多いところです。このような場所は、ときたま「うるさいからやめろ」という人がいるのです。このようなとき私は、素直に従うようにしています。嫌がる人の前で演説していても、支持が増えるだけではありませんですから。

 ところが、花畑のアパートから顔を出した老人は、そこは駐車違反だというのです。
 車のわきで演説しているのだから、停車ではあっても、駐車ではありません。
 「駐車違反」と「停車違反」の違いも判らない人では仕方ないと思い、50メートルほど離れて、そのアパートも見えないところで演説していたら、その老人が、またやってきたのです。

 そこで、「ここは駐車禁止にはなっているが、停車禁止にはなってない。」

 その老人 「停車とは運転席座って、止まっていることだ」

 菊池   「そんなことを言ったら、宅配便の業者は、荷物を配れないではないか」

 そういって、演説を始めました。そうしたら、今度は、私に手を出して、演説をやめさせようとするのです。

 老人 「警察を呼ぶぞ」

 菊池 「どうぞ呼んでください。私も望むところです」
    「私は、桜川市の市会議員だ。私は、今まで8000回以上も街頭演説をしているが、あなたのような方は初めてだ」

 老人 「どうして8000回と言えるのだ」

 菊池 「私は1年間に1500回から2000回やっている。もう議員になって6年以上になる。」

 老人 「そんなにやりたいなら、誰もいなところでやれ」

 菊池 「あんたはバカか。街頭演説はれっきとした政治活動だ。だれも聞く人がいな場所で演説して、どうなるんだ」

 老人 「おれは、共産党と民主党は嫌いなんだ。やりたければ、トップをとってからやれ」

 菊池 「自民党も2回、トップをとれなかった。共産党もトップをとるためにやっているんだ。」

 こんな会話が続きました。ここに手間取って、時間を使っても仕方ありません。

 また、場所を変えてやりましたら、今度は追ってきませんでした。

 こんなわけで、集合住宅が沢山あるところでやると、いろいろなハプニングが起こるので、気を使いながらやっています。本当に疲れます。

 しかし、今日は涼しかったこともあり、目標の20ヶ所は達成できました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つくば市議選挙応援演説は大... | トップ | 突然テレビが見えなくなった... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む