菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

桜川市の人口減少の実態(2)

2017年06月02日 08時27分58秒 | 地方政治
 
 桜川市は平成17年に誕生しました。今年で12年目を迎えます。桜川市の人口減少の実態を年ごとに見てみます。

 平成17年 434人

 平成18年 386人

 平成19年 420人

 平成20年 515人

 平成21年 556人

 平成22年 480人

 平成23年 623人

 平成24年 594人

 平成25年 638人

 平成26年 676人

 平成27年 727人

 平成28年 669人

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この数字をグラフにして見ますと、どのようになるか。グラフというのは、「先を予測するために」につくるものです。将来を予測するためにつくるものです。

平成29年4月1日の「常住人口」は4万1千人台となっているのです。もうすでに4万2千人を割り込んでいるのです。4万人を割るのはいつになるか、市の予想よりはもっとはやくなるのではないか。それを私は心配しているのです。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜川市の人口減少の実態(1) | トップ | 下妻市長「場外車券売り場建... »
最近の画像もっと見る

地方政治」カテゴリの最新記事