菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

小・中学校にも「弾道ミサイル落下時」の通知がいっていたことを知りました

2017-05-15 16:05:01 | 議員活動
 昨日の日本共産党演説会行きのバスの中で、標記の通知が出ていたのを聞き、私も学校教育課長にあい、確認してきました。

 北朝鮮のやっているミサイル発射等は、常軌を逸した行動で許せるものではありません。しかし、この問題の解決は、外交的努力でしか解決できません。ミサイルは落下してきても大変だし、また迎撃ミサイルで撃ち落としたとしても(多分、ほとんど無理と専門家はいっていますが・・・・・)大変なことになります。

 ある小学校にいき、どのように生徒さんに伝えたかと伺いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 資料の1枚だけ
  
  〇近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する

  〇近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

  〇できるだけ窓から離れ、できれば窓の部屋へ移動する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 これを教室に貼って説明したとのことでした。
 但し、学校はほとんどが窓ガラスの部屋だから、どうしようもないと言っておりました。
 政府はこんな通知を出すだけでいいのでしょうか。安倍首相は、「対話の努力を重ねてがんばります」くらいのメッセージを出せないのでしょうか。



 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真壁5町内を15か所街頭演... | トップ | 森友学園問題で、新たな事実... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む