菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

弁護士が公職選挙法のイロハも知らない異常ー稲田防衛大臣の発言を嗤う

2017年06月28日 13時21分33秒 | 国政
 昨日の都議選挙の応援弁士に立った、稲田防衛相が「防衛相、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と、発言したと報じられています。

 弁護士でもある稲田氏が、公職選挙法のイロハも知らないとは、嗤わずにはいられない。公務員が、「地位を使用して選挙活動をしてはならない」のは、自明のことではないか。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大和地区金敷では大国小の子... | トップ | 第2回市行財政改革推進委員... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む