菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

共謀罪法案の強行採決に怒りをこめて街頭演説再開

2017-06-18 17:59:14 | 議員活動

 一昨日6月議会も終わりました。上曽トンネル建設に市の合併特例債(市の借金)活用する議案も、残念ながら、反対少数(賛成13、反対4)で否決されてしまいました。この経過を掲載した「新しい桜川」の原稿も出来上がり、明日の朝、一番で入稿できます。

 6月4日以後休止していた「共謀罪法案反対の街頭演説」。その間に、強行採決されてしまいました。強行採決されたからといって、このまま放っておくわけにはいきません。

 強行採決に抗議し、安倍政権の「モリカケ疑惑」隠し、さらには、憲法9条改定発言の真相を訴える原稿を作り直し、街頭演説再開しました。

 今日は、いままで演説していなかった大和地区本木に行きました。ちょうど、雨引観音の紫陽花が見ごろを迎えていますので、自動車がひっきりなしです。

 そこで私も雨引観音へもいってきました。

 

 第二駐車場も車で一杯でした。

 

 本木で、一昨日の雹害の話も聞くことができました。大和の前原、真壁町の谷貝地区よりは少なかったようですが、やはり被害は相当でたようです。
 本木地区の演説は11か所できました。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月議会報告 議案第35号... | トップ | 共謀罪・モリカケ疑惑・憲法... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む