菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

3月議会2日目の報告

2017年03月07日 17時32分53秒 | 議会
 今日は、桜川市議会3月議会の2日目です。

 1番目に質問にたった林悦子議員は、上曽トンネルの問題を取り上げました。上曽トンネルは、県道ですから、本来は県がやる仕事です。ところが、橋本知事は、石岡市と桜川市の相談に乗るといって、「両市の合併特例債の活用」を提案してきたのです。
 
 桜川市の合併特例債事業は、大和中学校建設、真壁伝承館の建設、防災無線のデジタル化を実施し、さらには、桜川市立病院建設、大和駅北地区基幹道路、小中一貫校「桃山学園」と膨れにふくれてきています。さらに、上曽トンネルも合併特例債を使おうというのが、大塚市長の計画です。6月議会には、提案されると予定しています。

 林悦子議員は、上曽トンネルは真壁の20年来の願いだと言いながら、その一方、合併特例債の「使いすぎ」を心配しながらの、「財政の心配」をした質問でした。

 2番目の相田一良議員は、大塚市長は、「桜川市の坂本竜馬」だと、よいしょの側からの質問でした。

 3番目の小高友徳議員の発言は、茨城国体の取り組み、学校給食の取り組みについて質問しました。特に、大子町が県内初の学校給食の無料化に触れながら、完全無料化は無理でも、努力してほしいと、結びました。

 4番目は榎戸和也議員です。自分で作成した3枚つづりの財政資料を「振りかざしながら」の熱弁をふるいました。榎戸議員も、市の財政状況を心配しながら、「上曽トンネル事業」には賛成というのですから、議員控室では、「榎戸議員の考えはよく分からない」との声があがっていました。

 これで一般質問は終わり、明日は一般議案の審議です。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月議会開く | トップ | 3月議会 菊池議員の一般質... »
最近の画像もっと見る

議会」カテゴリの最新記事