菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

伊藤真著「赤ペンチェック自民党改正草案」を読む②

2016-08-25 09:42:01 | 議員活動
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自民党草案

 前文(後半)

日本国民は、国と郷土を誇りと気概を持って自ら守り、基本的人権を尊重するととも

に、和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する。

我々は、自由と規律を重んじ、美しい国土と自然環境を守りつつ、教育や科学技術を

新興し、活力ある経済活動を通じて国を成長させる。

日本国民は、良き伝統と我々の国家を末永く子孫に継承するため、ここにこの憲法を

制定する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 下線の部分は、抽象的ながら、≪国防義務≫を義務化しているのです。
 これは、立憲主義、平和主義と相容れません。人権保障に後ろ向きで、」義務の拡大で前のめりな態度が表れています。

 また、「和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する」とありますが、そもそもそのような内容は個人のモラルにゆだねるべき問題であり、ことさら憲法を通じて義務化することは、立憲主義にそぐわないものです。

 また、現憲法にあって、自民党草案にないものは、平和的生存権(ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利)を削除したことです。

 平和のうちに人間として存在することはもっとも基本的人権といえます。これをさくじょしたことは、≪国防の義務≫とも関連があります。


 

この記事をはてなブックマークに追加

伊藤真著「赤ペンチェック自民党改正草案」を読む①

2016-08-24 14:30:45 | 議員活動
 安倍政権は、憲法改定を前面に押し出しています。しかも、「自民党の憲法改正草案」をベースに考えていくと、安倍首相は明言しています。
 私の手元にも「自民党憲法改正草案」はありますが、これをそのまま読み下しても、分かりにくいものです。
 以前、日本共産党のパンフレットにそって説明を試みましたが、尻切れトンボに終わってしまいました。
 
 今回、伊藤真著「赤ペンチェック自民党改正草案」を読むことができました。伊藤真氏は、若手(いやもう壮年ですか?)弁護士で、歯切れのよい話をする方です。
 私は、笠間公民館で講演を聞いたことがあるし、短い時間でありますが、お話をしたことがあります。
 私の質問にも、「今、いい質問をききました」と、講演の初めに取り入れてくれるなど、臨機応変に対応してくださる方です。

 今回は、この「赤ペンチェック自民党改正草案」を参考に、自民党憲法改定草案の全文を紹介しながら、伊藤真氏の問題点指摘を紹介させていただきます。
 かなり長い連載になりますが、お読みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自民党憲法草案前文

≪前半≫

 日本国は、長い歴史と固有の文化をもち、国民統合の象徴である天皇

を戴く国家
であって、国民主権の下、立法、行政及び司法の三権分立に基づいて

統治される。

 我が国は、先の大戦による荒廃や幾多の大災害を乗り越えて発展し、今や

国際社会において重要な地位を占めており、平和主義の下、諸外国との友好関係を増

進し、世界の平和と繁栄に貢献する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 下線部分の≪天皇を戴く国家≫という書き方は、天皇の権威を強化するものです。つまり、国民主権を後退させるものです。
 また、天皇制こそが日本の伝統ある国家だというのは、必ずしも歴史的真実ではありません。
 
 鎌倉、室町、戦国、江戸時代というのは、天皇はいたものの、政治の陰に隠れていたのです。

 下線部分≪日本国は≫にも問題があるのです。現憲法は≪日本国民は≫で始まっているのです。
 このことは、国民主権の「国民」より、国家を前面に押し出し、国民を後退させているのです。
 この変更は、ささいなように見えますが、実は、ここに、自民党改憲草案の大きな底流があるのです。




 

この記事をはてなブックマークに追加

桜川市長のブルガリア訪問と友好交流都市協定

2016-08-23 06:10:44 | 議会
 昨日の議会全員協議会で、9月中旬に予定されている市長のブルガリア共和国シリストラ州シリストラ市訪問に関して、友好交流都市協定の内容が明らかになりましたので紹介します。

 友好都市協定は、1市について、2市まで友好都市協定を結べるとのことです。県内では、21市が37の外国の都市と提携しています。

 その友好交流都市協定の全文は次の通りです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  日本国茨城県桜川市はブルガリア共和国シリストラ州シリストラ市は相互の信頼と尊敬をもとに以下のような友好交流都市協定を締結する。

 両市及び両市民は友好交流都市として相互に認識し、文化、教育、芸術、スポーツ、経済、防災などの幅広い分野における交流を通じて、協力していくものとする。両市は相互理解と友好関係を一層深めていくものとする。

 本協定は敬意及びパートナーシップの精神で締結される。署名と同時に有効となり、締結後の終了期限は、お互いの友好交流のため、定めないものとする。
 
 二通の協定書を英語、ブルガリア語、日本語の3ヵ国で作成署名し、すべての文面は同等正式なものである。各言語によって解釈の違いが生じた場合は英語を正式な言語とする。

 両市と両市民を代表として友好交流都市協定に桜川市長とシリストラ市長が2016年9月14日に署名する。

  桜川市長  大塚秀喜 
  シリストラ市長  ユリアン・ナイデノフ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 コメント

 この友好都市協定提携のための補正予算は、6月議会で、5名の反対がありましたが、可決されています。

 この協定の内容を見ますと、具体的な交流内容には一切触れていません。今後、どのような交流をするのかわかりませんが、私は、「とりあえずブルガリア共和国シリストラ市にいって、協定を結ぶだけ」と理解してしています。






この記事をはてなブックマークに追加

9月議会の日程と一般質問者とその質問項目

2016-08-22 22:05:15 | 議会
 今日は、午後1時半から、議会全員協議会が開けれました。
 9月議会の日程が次のように決まりました。

 8月30日(火)
    諸般の報告
    一般質問者と質問項目
  菊池伸浩議員
   ①真壁町高上町駐車場の有効活用について
   ②真壁地区の資源ゴミの収集法を変えたことによる効果は
   ③浄化槽の法定点検について
   ④上曽トンネルの進捗状況について
   ⑤市役所庁舎の耐震化について
   ⑥門毛の採石跡地の土砂搬入命令につい

  市村 香議員
   ①市第2次総合計画の進捗状況について
   ②幼保一体化事業の運営状況について
 
 8月31日(水)
    一般質問
  榎戸和也議員
   ①イノシシ問題について
   ②市長の政治姿勢、政治スタイルについて
   ③市長の全区長訪問について
   ④ブルガリア訪問について
   ⑤職員の採用におけるタトゥーの取り扱いについて
   ⑥トップセールス下での財政の健全性の確保について
    
  萩原剛志議員
   ①投票所の削減について
   ②災害対応設備の設置について
   ③イノシシの食用肉としての推進について


 9月1日(木)
    一般議案の審議

 9月2日(金)
    決算議案の提案

 9月5日(月)
    大綱質疑(決算議案について、各議員が自分の所属委員会以外の分野を20分以内の時間で質問します。

 9月6日(火)~8日(木)
    委員会(各委員会にわかれ、決算書にもとづいて、担当課長から説明をうけ、審議します。(本会議では部長級だけが参加しています)

 9月9日(金)
   委員長報告
   決算の質疑・討論・採決

 
 議長選挙、各常任委員の改選は、後日(市長のブルガリア訪問が終わった後)、臨時議会を開いて決定することが、了解されました。


  

この記事をはてなブックマークに追加

死ぬまで戦争反対を貫いたジャーナリスト・むのたけじ氏逝く

2016-08-22 07:31:09 | 日々の雑感
 今朝の東京新聞は、むのたけじさんの死去を1面トップで伝えている。
私が、むのたけじという人を知ったのは、氏が発行していた「たいまつ新聞」をまとめた分厚い本をみて買ったことからです。

 戦争中、戦争の報道を続けてきた記者が、その責任を痛感して、記者をやめ、生まれ故郷に帰って、「たいまつ新聞」を発行し、平和・反戦を訴え続けたことを知ったことです。

 私は、若いころは、「戦争は軍国主義者が起こし」、「国民はだまされて」戦争に加担されたのだとばかり考えていました。

 しかし、今こうして、戦争法への道をすすめようとしている安倍首相が、小選挙区制のなせる技とはいえ、国民の支持を得た形になっていること、日本会議というような右翼団体が一定の力を持ち始めていることを考えると、「戦争は国民が支持し、支える体制をつくらなくては、起こせない」と考えるに至っています。

 ちょうど今が、戦争か、平和への分岐点にきている、そんなときに、「戦時報道を顧み、平和反戦訴えた」むのたけじ氏の言葉は重いと感じました。


この記事をはてなブックマークに追加

作新学院の高校野球優勝に接して

2016-08-22 07:09:03 | 日々の雑感
 昨日は、宇都宮で仮説実験授業を楽しんでいたが、会場のコンセーレは、作新学院の隣接地であり、会場にも作新学院関係者(主に初等部の先生)がおり、作新学院の優勝が決まったとの報には「おめでとう」の声が飛び交った。

 多くの皆さんは、作新学院といえば、怪物と言われた江川卓投手を思い出すでしょうが、私の世代はちがいます。

 1962年に春、夏連続優勝をはじめて実現した作新学院、その時の投手、八木沢壮六と加藤武を思い出します。

 甲子園では、春夏連続優勝をする学校は、それまで出ていませんでした。連続優勝必至と言われた、柴田勲擁する法政二高も、怪童・尾崎行雄擁する浪商に負けて、できませんでした。あのころの法政二高はとても強く、中学生であった私でも、9人の打順を諳んじることができました。

 八木沢壮六擁する作新学院は、春夏連続優勝の呼び声が高かったものです。ところが、試合直前にエースが赤痢にかかり、出場できなくなってしまいました。
 もう誰もが、春夏連覇は無理と思ったものでした。

 ところが、控え投手の加藤武(たけしはもっと難しい字だった)さんが大活躍し、夏の大会で優勝してしまったのです。

 その後、八木沢投手は早稲田大学へすすみ、卒業後、ロッテに進んだと記憶しています。

 加藤投手は、高校から中日へ進み、活躍したのですが、若くして自動車事故で亡くなってしまいました。

 昨日の作新学院優勝の報に接し、コンセーレの会場でも、この話をしたのですが、この話を知っているの人は、だれもいませんでした。


この記事をはてなブックマークに追加

北関東たのしい授業体験講座in宇都宮に参加(2日目)

2016-08-21 21:11:35 | 日々の雑感
 今日も、宇都宮に出かけました。

 私は、売り場担当ですので、その場にいながら、体験講座も受けました。

 今日は午前中からはじまった講座がありました。「絵の具入門」という私のしらなかった講座が新しく生まれていたのです。
 講師は、京都から招いた黒田康夫さんという方で、すでに9時半からはじまっていました。
 新しい講座は、人気がありましたので、ちょっと覗いてみました。

  

 講座が終った4時半過ぎには、みなさんそれなりに、自分の作品を抱えて帰途につきました。満足そうな顔ばかりでした。

 私は、売り場が会場になった「特別支援教育でのたのしい授業プラン」という講座をのぞく形で、参加させてもらいました。

 参加者は5名でしたが、講師の用意した授業プランの豊富なことにびっくりしてしまいました。
 
 

 

 この成果は追って紹介させていただきます。

 今は教育現場を離れて8年。仮説実験授業を実践する機会になかなか恵まれませんが、あの充実した日々を思い出させてくれた2日間でした。


 

 

 

この記事をはてなブックマークに追加

北関東たのしい授業体験講座in宇都宮に参加

2016-08-20 22:33:58 | 日々の雑感
 今日は、栃木県青年会館(コンセーレ)でおこなわれた北関東たのしい授業体験講座in宇都宮に参加に参加しました。

 私は、栃木仮説サークルに以前から参加していましたが、教員退職後は、1年に1回か2回の参加です。
 しかし、年1回開かれる北関東たのしい授業体験講座には、お手伝いとして参加しています。

 1つは、いつも議員活動中心の生活に変化を持たせるためです。昔、寝食を忘れて取り組んだ仮説授業に1日、どっぷりつかるのはそれはそれで楽しいものです。

 もう1つは、古い仲間と旧交を温めることができるためです。私もそれなりに全国の研究会では発言もしてきた関係で、知り合いができたのです。その友人が、講師として、宇都宮に来ているので、旧交をあたためてきました。

午前中は「ものつくり」の時間です

 仮説実験授業は「ものつくり」を大切にします。
 講師の先生方が、自分の得意なものつくりを、参加者に伝授します。授業は楽しさが一番です。

 

 午後は、各講座に別れての授業の「体験講座」です。教室で授業をする前に、自分が生徒になって授業を体験するのです。

 この講座は、「光と原子」という講座です。なかなか自分では見られない実験を見ることができたことが大きな収穫でした。

 

 

 

この記事をはてなブックマークに追加

馬場錬成著「大村智ー2億人を病魔から守った科学者ー」を読む

2016-08-19 17:44:22 | 日々の雑感
 今日も暑い。無理をしても体を悪くするだけと、心に言い聞かせ、読書に専念した。

 この本は、大村智氏が、ノーベル賞をもらう前2012年2月の発行であるから、ノーベル賞受賞の流行に乗って書かれた本ではない。
 だから、非常に綿密な取材なもとに書かれている。
 
 著者は、読売新聞科学部の記者であった人で、東京理科大理学部卒である。大村智氏が、山梨大学を卒業してから、定時制高校の教員となり、さらに、東京理科大大学院で学びなおし、北里大学の教授となった人である。

 ノーベル賞をとったあとから書いた伝記であれば、もっとうわつっらに書いてあるだろうことも、丁寧に、詳しく書いてある。

 とにかく、がんばって勉強しすぎて、精神的におかしくなって、医師から「少し研究をやめるように」に指示されたこともあったという。

 私は、大学の勉強はあまり、しなくて来た口なので、・・・・・・・・。

 とにかく、この本は、一読の価値があると思い、おすすめする次第です。


この記事をはてなブックマークに追加

9月議会の菊池議員の一般質問⑥

2016-08-18 11:34:43 | 議員活動

 ●門毛の採石跡地の土砂搬入命令について

本当は6月議会で質問したかったのですが、時間の関係でできませんでしたので、今議会で質問します。門毛の採石跡地は、事業者が赤字を理由に、地代を長年支払っていませんでした。そこで、昨年11月から土砂搬入がストップしていました。ところが、県は、3月28日、業者に対して、土砂搬入命令を出しました。その理由は、「災害防止の目的のため」ということでした。私は、この土砂搬入に立ち会ってきました。ところが、県は市には連絡していないというのです。契約更新のときには、市は意見を述べる立場です。その市に連絡しないのは片手落ちではないかと抗議しました。県は落ち度を認め、市には連絡するとのことでした。その後、市にはきちんとした連絡はあったのでしょうか。今回の土砂搬入はいつまで続くのでしょうか。

この記事をはてなブックマークに追加

9月議会の菊池議員の一般質問⑤

2016-08-18 11:33:36 | 議員活動

 ●市役所庁舎の耐震化について

 過日、6月26日付の読売新聞から手厳しい批判を受けたが、私自身も、心配しています。現在の各庁舎のI耐震度調査の結果をもう一度詳しく教えていただきたい。また、市として、新庁舎建設の方向性もそろそろ出す時期に来ていると思うが、市長のお考えを伺います。

この記事をはてなブックマークに追加

9月議会の菊池議員の一般質問④

2016-08-18 11:32:23 | 議員活動

 ●上曽トンネルの進捗状況について
6月議会で、上曽トンネルの早期完成を求める決議を採決いたしました。この上曽トンネル計画は、私の得た情報では、県100億円、石岡市5億円、桜川市5億円、進捗率11%となっているが、これで正しいのか。また、石岡市では、上曽トンネルより、道祖神(笠間へ抜ける)トンネルを優先する動きがあるとの情報も耳にしているが、市のつかんでいる情報はどのようなものか。また、実際に、県はいつごろ本格的に動き出すとみているのか。

この記事をはてなブックマークに追加

9月議会の菊池議員の一般質問③

2016-08-18 11:31:12 | 議員活動

 ●浄化槽の法定点検について

過日の回覧板で、「法定検査をお願いします」との回覧板がまわってきました。そこには、年1回の法定検査が義務付けられていると書かれています。市民の方から、民間業者に処理を依頼していても、法定検査は受けなければならないのか。また、罰則規定もあるように聞いているが、罰則を受けた人はいるのか、伺います。

この記事をはてなブックマークに追加

9月議会の菊池議員の一般質問②

2016-08-18 11:29:38 | 議員活動
 
 ●真壁地区の資源ごみの収集法を変えたことによる効果は
 
今年から、真壁地区の資源ごみの収集法に変更があった。真壁地区のごみ集積所には、その旨のお知らせが貼ってありました。それから5か月近くしかたっていませんが、効果のほどはどのように表れているのでしょうか。桜川市は、1人あたりのごみ収集量が677グラムと、少ない方から数えて3番目です。もっとすくなくなるのでしょうか。

この記事をはてなブックマークに追加

9月議会の菊池議員の一般質問①

2016-08-18 11:28:06 | 議員活動
 
 ●真壁町高上町駐車場の有効活用について

4月から駐車場の料金が値上げされ、利用者数はぱったり止まってしまった。この施設は、真壁5町内にある一等地で、一番広いものである。この施設が、ひな祭りの1ヶ月だけ利用され、あとはほとんど利用されていないということは、まったくもったいない。この施設がまちづくり交付金でつくられたこともあり、いろいろ活用にも条件はあるとは思うが、年間を通して有効利用できる方法を考え出してほしい。


この記事をはてなブックマークに追加