菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

干している大根も、しなびて痩せてきました

2016-12-03 22:18:37 | 日々の雑感
 このところ天気のいい日が続いたせいか、大根がしなびてきました。しまうとき覆いをかけるのは奥さんの仕事ですが、朝、覆いを外して並び替えるのは、私の仕事となっています。

 結構重かった大根も、しなびて軽くなってきました。朝の仕事が楽になってきました。

 

この記事をはてなブックマークに追加

今日は、鍬田・西区・東区を12か所演説しました

2016-12-03 22:14:32 | 議員活動
 今日は、土曜日ですので、街中にも人がいると考えて、鍬田7か所、東区・西区を5ヶ所演説して歩きました。

 鍬田も隅々まで歩いていなかったので、新しい家が1軒、建築中の家が2軒ありました。7月で街頭演説をして以来4か月、変化が激しいのにびっくりした次第です。


この記事をはてなブックマークに追加

国指定史跡真壁城発掘調査現地説明会に参加

2016-12-03 22:01:46 | 議員活動
 今日は、国指定史跡真壁城発掘調査現地説明会が真壁体育館脇の発掘調査の場所で行われました。

 午前と午後の2回にわたって行われましたが、私は、午前中の街頭演説を終えてから、午後の部に参加をしました。

 午前中は多かったようですが、午後はそれほど参加者は多くありませんでした。
なによりも地元の人が少なかったのが残念です。私が知っていた人は、見学者では1人しかいませんでした。

 写真で紹介します。

大きく写っている人が、生涯学習課の越田さんです。

 


 

 全体風景です。

  

 

この記事をはてなブックマークに追加

冨谷10ヶ所、稲荷橋10ヶ所演説しました

2016-12-02 22:18:59 | 議員活動
 今日は天気もよく、少し風が冷たい気もしましたが、気持ちよく20ヶ所演説できました。
 午前中、岩瀬庁舎、大和庁舎で、議会の打ち合わせをしていたので、出発が遅くなりましたが、午前中は冨谷を10ヶ所、昼寝をしたあと、谷中から稲荷橋、西小塙と10ヶ所演説できました。
 冨谷でも、稲荷橋を通る県道でも、以前より通行する車がめっきり減った感じがしました。やはり、過疎が進んでいるのでしょか。
 それはそうですよね。演説している私が70歳になっているのですからね。


この記事をはてなブックマークに追加

今朝の新聞の訃報欄には桜川市の人が6人も

2016-12-02 07:42:54 | 日々の雑感
 私は、新聞を見るときは、いつも一番最初に訃報欄を見ます。
 桜川市の欄には、なんと6人も載っているのです。その中には、52歳の女性も載っていました。住所からみても、年令からみても、私の真壁高校時代の教え子さんのようです。
 桜川市の人口減の著しさを実感した記事でした。


この記事をはてなブックマークに追加

今朝の枡箕ヶ池

2016-12-02 07:38:09 | 日々の雑感
 昨日は、非生産的な議論が長々と続いた議会であったため、珍しく肩こりがして、何もする気がなく、だらだらとした夜を過ごしました。
 
 ぐっすり眠ったためか、肩こりはなくなっていました。
 朝7時前に枡箕ヶ池のそばを通ったので、白鳥を写してきました。
 カメラマン、餌付けの人もおりました。

 

 



この記事をはてなブックマークに追加

12月3日(土曜日)に、真壁城史跡発説明会があります

2016-12-01 21:22:33 | 日々の雑感
 昨日の文教厚生委員会でも報告があったのですが、真壁町古城の真壁体育館脇の真壁城史跡発掘場で、「発掘説明会」があります。

 時間は 午前の部 10時30分から
     午後の部 13時30分からの2回です。

 いつも桜川市の人は少なく残念に思っています。
 中世の真壁城の様子を想像してみるのもいいのではないでしょか。


この記事をはてなブックマークに追加

12月議会の日程が決まりました

2016-12-01 17:55:11 | 議会
 今日、議会全員協議会が行われ、次のような議会日程を確認しました。

 12月6日(火)
   午前10時 開会
   諸般の報告
   一般質問(2人)
   菊池伸浩 
    1)広域連携バス実証実験の利用状況と今後の方向性
    2)遊湯館の負担割合の見直しについて
    3)真壁城跡整備の方向性について
    4)同和補助金について
    5)介護保険制度の見直しについて
    6)就学援助金の支給時期の前倒しを
    7)指定ゴミ袋の販売について
    8)「るるぶ」を活用した観光ブックの作成を
   林 悦子
    1)歴史遺産を生かした町おこしについて

 12月7日(水)
   一般質問(2人)
   萩原剛志
    1)筑波山のジオパークの今後の取り組みについて
    2)広域連携バス実証実験運行について
    3)桜川市橋梁長寿命化修繕計画について
    4)水道の老朽化、石綿の交換状況
    5)「森林機能回復整備事業」「身近なみどり整備推進事業」について
   榎戸和也
    1)イノシシ問題について
    2)洋式便器の設置状況について
    3)地方創生事業について
    4)いじめ問題について

 12月8日(木) 休会 (議案調査)

 12月9日(金) 
   一般議案の上程、質疑、討論



 
 

   

  

  

この記事をはてなブックマークに追加

芸能人の逮捕と永田町の動向の相関関係

2016-11-30 17:54:29 | 国際・政治
 今日の東京新聞・本音のコラム欄に、文芸評論家の斎藤美奈子氏が「永田町の桶屋」との見出しで書いている。

 私も、ASKA氏が麻薬事件で二度目の逮捕をされたとき、マスコミが大騒ぎをしているを、「なんでこんなに大騒ぎをするのか」と不思議に思ったものでした。
 以前のコメディアン・田代まさし氏をみても、麻薬に一回手を染めた人は、なかなかやめられないとわかっていた。そんなに大騒ぎをすることではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 斎藤美奈子氏は、そこで薬物所持による芸能人逮捕の相関関係をさぐっています。
 みやすいように表にして見ました。

 ●2009年
  8月8日 酒井法子氏し覚せい剤で逮捕
  7月21日衆院解散。8月18日衆院選公示。
   このとき、自民党から民主党への政権交代があった。

 ●2014年
  5月17日 ASKA氏覚せい剤で逮捕
  5月15日安倍首相、集団自衛権行使を発表

 ●2016年
  2月2日 清原和博氏 覚せい剤で逮捕
  1月28日 甘利経済再生担当相 金銭授受疑惑で辞任

 ●2016年
  6月24日 高知東生氏覚せい剤逮捕
  6月22日 参院選公示

 ●2016年
  11月28日 ASKA氏 二度目の逮捕
  11月29日 TPPH法案、年金カット法案強行のため国会の会期延長
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 これだけ芸能人の覚せい剤事件がおおければ、何時間も、何時間も、何回も、何回も、その報道に時間をさくメディアも、安倍政権の応援者と見えてしまうのは、私だけでしょうか。




この記事をはてなブックマークに追加

入郷地区を11か所演説しました

2016-11-30 17:50:40 | 議員活動
 文教厚生委員会を終えた後、演説に出かけました。
 まず初めに、松田で3ヶ所、曽根で3ヶ所、猿田で2ヶ所、木植で2ヶ所、高幡で1か所の11か所やり、急に寒くなったので、無理は禁物と午後3時過ぎ、終わりにしました。


この記事をはてなブックマークに追加

文教・厚生常任委員会に出席

2016-11-30 17:09:26 | 議員活動
 12月6日から開かれる第4回定例会を前にして、文教・厚生常任委員会が開かれました。

 12月議会に提出される議案のいくつかについて説明しておきます。
 
 1つは、伝承館の壁の塗りなおしです。黒塀の色落ちが激しいため、約1000万円かけて塗りなおすというものです。

 2つは、桃山中学校敷地の部分買い取りです。桃山中学校敷地はほとんどが借地です。そのため多くの借地料を市は支払っています。もちろん、市や議会も、いつまでも借地のままにしないで、買い取りをするよう努力をしているのですが、買い取りできないのが実情です。
 しかし、このたび相続の関係もあり手放す方がおり、公有財産購入費として699万円が予算化されました。坪単価にすると約1万1千円とのことです。

 3つは、県西総合病院への補助金が2億円組まれたことです。これは、年度初めに
外科医師3人をはじめとした医師の減員があったことによるものです。
 大雑把にいいますと「医師1人がいなくなると収入は1億円減る」言われています。
 今回の減収は、2億5千万円です。5千万円は筑西市が負担をし、桜川市で2億円を負担するというものです。

 また、真壁町下谷貝にあるシルバー人材センターが、旧大和村羽田にあった「やまと保育所」にうつる準備も進められていて、その改修費も上程されます。

 また、小高議員からの情報によりますと、私が配布した「新しい桜川第46号」に「桃山学園が最有力」との記事を出したことについて、「名前を検討した委員」の方から、「市はこの名前は秘密にしてほしい」と言っておいて、菊池議員は「名前を公表してしまった」と、苦情が来ているとのことでした。

 これには誤解があると思いますので、説明いたします。
 「桃山学園」の名称の、最終決定は「市条例」で行うものです。ですから、今日の委員会でも「条例案」の説明がありました。
 11月11日の臨時議会前の議会全員協議会で、市から相談があり、いろいろ意見があり揉めましたが、最終的には、「桃山学園」の名前で提案することが了承されたのです。
 ここの段階では、秘密でもなんでもありません。
 しかし、私は記事としては、最終決定ではないので、「「桃山学園が最有力」との記事にしたのです。
 市でおこなわれることを、いち早く市民に知らせることは、議員の一番の仕事です。街頭演説をしながら、市内を回っていますが、「読んだよ。これからも大変だな」と市民からは、お礼の言葉さえ言われているのが現状です。

 小高議員は酒寄在住ですので新聞折り込みが入りません。しかし、電話をいただいた方から記事を見せてもらったらしく、「菊池さんの記事の書き方で問題はないです」と返事をいただきました。




 

この記事をはてなブックマークに追加

来年の衆議院選挙にむけた街頭演説を始めました

2016-11-29 18:50:10 | 議員活動
 今年の街頭演説の記録を書いたノートをしらべてみると、1~3月は、県南地域の市議選挙の応援で、取手市、つくばみらい市、那珂市と出ずっぱりでした。
 4~6月は、参議院選挙で桜川市内を500ヶ所近く歩いています。
 秋は、つくば市、古河市とまた、出ずぱっりでした。
 来年は総選挙は必至です。
 また、11月27日には、「新しい桜川第46号」を新聞折り込みで配布したこともあり、その反応もしりたく、今日から出かけました。

 初めは、青柳から水戸、上城、西友部を12か所歩きました。
 やはり地元はやりやすいです。知った顔には出会えるし、お茶屋、お菓子の差し入れもありました。しかし、一週間ぶりであったので、何にか疲れが出て、12か所で終わりにしました。

 演説原稿を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  桜川市内「冬」の街頭演説文  
     2016年11月29日作成 菊池作成

 ●ご近所のみなさん、こんにちは。日本共産党の市会議員・菊池のぶひろです。この場所をお借りして、日本共産党の政策の訴えをさせていただきます。みなさん、7月の参議院選挙では、安倍政権の暴走ストップをめざし、野党と市民との協力でたたかうことができました。全国32ある1人区すべてで、野党統一候補が実現し、11の選挙区で自民党に勝つことができました。はじめての野党共闘はおおきな成功をおさめたのではないでしょうか。
 
 桜川市でも、野党と市民との共闘組織、「市民連合さくらがわ」がつくられました。東海村の元村長・村上達也さんを招いて、真壁伝承館で発会式を行い150人もの方々が参加する大きな集会となりました。私も日本共産党を代表し、連帯の挨拶をさせていただきました。また、参議員選挙では、日本共産党は、はじめて1500票近い得票を得ることができました。共産党の6議席獲得に貢献することができました。

 また、10月におこなわれた新潟知事選挙では、自民党に激震が走りました。原発再稼働を最大の争点に争われた知事選挙で、再稼働反対の米山さん、野党と市民協力でたたかった米山さんが、自民・公明の候補に逆転勝利をしたのです。市民の声が政治を動かす時代に入ったのではないでしょうか。原発の問題は、安全の問題だけではなく、巨額な経済負担も国民にもたらすことも明らかになってきました。福島原発事故発生当時は10兆円と言われた負担額も、今や20兆円以上といわれ、この負担を電気料金に押し付けるというのですから、原発推進勢力のやっていることはめちゃくちゃです。危険な上に、お金もたくさん使う、こんな原発再稼働、なんとしても国民の力でやめさせようではありませんか。

 ●みなさん、来年は衆議院選挙が行われます。大きな争点として3つあげさせていただきます。
 (1)一番大きな問題は、安倍政権がこれまでの自民党にはなかった、特別に危険な性格をもった内閣だということです。特に変える必要もない憲法を変えようとしている政権です。戦争する国づくりを進めたいために、まい進している内閣です。今は、アフリカの南スーダンという国に、「駆けつけ警護」という命令をつけて、自衛隊を派遣しています。
 
 (2)国民のくらしの問題では、格差と貧困が大きな問題です。アベノミクスが始まって4年になりますが、格差と貧困はますます広がっています。大金持ちは、ますます大金持ちになり、貧困層はますます貧困になっています。たとえば、非正規労働者の増大で低賃金労働者が広がっています。働いていても生活保護水準以下の収入しかない世帯は、この20年間で2倍に広がっています。

 (3)長時間労働もおおきな問題です。安倍政権は、「働き方改革」と言いながら、実際には、財界の立場にたった雇用破壊の政策を進めています。日本共産党は、「8時間働けばふつうに暮らせる社会」の実現を目指しています。

  ●今度の総選挙では、参議院選挙ではじまった野党と市民の共闘をどうやって発展させるかが問われています。日本共産党は、一致点を大切にしながら、互いに違いを認め合い、互いを信頼し、「本気の共闘」を作り上げるために全力を尽くします。誠実に共闘を積み重ねれば、この流れは必ず発展するというのが、日本共産党の確信です。
 
 ●最後に桜川市の課題について報告いたします。11月27日に、新聞折り込みで、「新しい桜川第46号」をお配りいたしました。いま、真壁町では、29億円かけて「桃山小中一貫校」の建設が始まろうとしています。これは、真壁小学校が地震で倒れる恐れがあり、建て直しが必要となったからです。校舎はよくなりますが、通学の安全の問題など、課題は山積しています。
 12月議会のお知らせをします。12月6日から、議会が始まります。私・菊池のぶひろは、6日、10時半頃、一般質問に立ちます。多くのみなさんの傍聴をお願いして、この場を借りての訴え終わりとさせていただきます。 ご清聴ありがとうございます。

この記事をはてなブックマークに追加

今冬も大根100本干しています

2016-11-29 18:35:41 | 日々の雑感
 昨日、庭に大根が地面にたくさん置いてありました。やっぱり今年もやるのかとみていましたら、奥さんが鼻水を噛みながら、大根を洗っていました。
 私は、来年の衆議院選挙にそなえ、市内の街頭演説に出かけました。

 お昼過ぎ帰ってきたら、洗い終わった大根100本がベランダに干してありました。

  

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

今日も、岩瀬小、大和中、雨引小、大国小の学校訪問に行きました

2016-11-28 17:21:03 | 議員活動
 25に回りきれなかった学校訪問の続きをしました。

 岩瀬小学校は、榎戸元校長が出張とのことで、教頭の広沢淳子氏と懇談しました。私の孫と広沢先生の子供さんが同級ということで話が弾みました。お住まいも長方ということでした。

 続いて、大和中学校に行きました。ここも斎藤洋子校長は出張中ということで、谷田部健教頭と懇談しました。以前、体育館が使用禁止になるときいて尋ねたとき案内していただいたこともあり、また、真壁町古城がお住まいということで打ち解けて懇談できました。

 3番目に、雨引小学校に行きました。田中瑞穂校長は、大泉の方で、昨日の新聞折り込みで、家で読みましたとのことで話ははずみました。来年3月退職ということでした。
 ちなみに、来年3月退職になる桜川市の管理職(校長・教頭)は7名になるとのことでした。こんなに変わってしまうと、もう覚えられません。

 途中、昨年6月まで、毎月糖尿病の診察に通っていた千勝医院の脇を通ったら、取り壊しが最終段階になっていて、銘板しか残っていませんでした。記念に写真を撮ってきました。



 
 最後に、大国小に行きました。ここの校長は、平子剛之さんという名前です。ことらの方ではないですねというと、「ええ、日立駅前です」との返事が返ってきました。高速道を使えば、1時間半はかからないとのことでした。
 4月に赴任したばかりで、県西地域のことはあまり知らないとのことでしたので、一般の人が話さない私の情報を伝えてきました。
 
 とにかく、今回16校を訪問して、先生方は、小中一貫校については、あまりいい感触を持っていないとの印象を受けました。これはおおきな収穫です。

 

 

この記事をはてなブックマークに追加

古河市長選・市議補選の結果について

2016-11-28 08:31:39 | 議員活動
 昨日の夜、11時前に、インターネットで、古河市の選挙の結果を知った。詳細がわからなかったので、今朝になって報告します。それは、今朝、古河市議の秋庭繁議員から、応援にたいする感謝の報告をうけたさい、若干の説明を受けたからです。

 4年前は、現職の白戸市長と新人の菅谷元総和町長との争いでした。このときの投票率は、65%もありました。

 今回は、現職の菅谷氏と新人の針谷氏の争いです。新人・針谷氏は、生粋の旧古河市の出身です。しかも、菅谷氏は、保守系ではあっても、どちらかろいうと異端児です。針谷氏は、自民党県連の応援を受けていました。
 この違いが、この票差になったのかもしれません。

  針谷 力  3万3000票
  菅谷憲一郎 2万2000票

  投票率  47%(4年前より18%減)

 連続して総和出身の市長が続いたので、旧古河市の思いが爆発したのでしょうか。

 市議補選は、次の通りです。

  当 阿久津佳子 18500票
    小山隆正   8200票
    山口みちこ  7900票
    杉村圭介   6700票
    関口和男   4700票
    寺田靖彦   4600票

 私が応援に行っていた山口みちこさんは、3位で残念な結果に終わりました。一番びっくりしたのは、1人だけとびぬけて票を取った方がいたことです。これは、当選した市長候補とタッグを組んだとしか考えられません。秋庭市議も同感だといっていました。

 阿久津氏は、「車イス」の方ですから、これから、議場の改修が迫られれています。

この記事をはてなブックマークに追加