菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

西飯岡ー大泉間の道路の「大型車侵入禁止」の立札は撤去を要請

2017-07-28 08:17:25 | 議員活動
 北関東高速道の桜川ICの開通前は、西飯岡ー大泉間は農免道路であり、大型車侵入禁止であり、侵入止めのための杭が立っておりました。
 また、そのための、交通規制の看板も立っておりました。

 

 

 ところが、高速道の開通により、大型車が通行するようになっても、未だに、この看板が、西飯岡側にも、大泉側にも、立っているのです。そこで、昨日、建設部にこれは撤去するのが適当なのではないかと、申し入れをしてきました。

 建設部長は、さっそく撤去すると了解をいただきました。

、 

この記事をはてなブックマークに追加

ラスカ体育館のトイレにジャンボスリッパが・・・・・・・

2017-07-28 07:54:25 | 議員活動

 昨日、ラスカ体育館に行ったとき、トイレにジャンボスリッパがありました。 私は、あわてていましたので、素足になって履いてしまいましたが、とにかく大きいのです。
 用をすましてから、落ち着いてスリッパを見てみますと、スリッパには、靴を履いたままお使い下さいと書いてあるのです。

 

 そこで、事務室にいって正式な名称は何というのか聞いてみました。事務所の人もわからなくて、業者に問い合わせていただきました。

 正式名称は「シューズそのままスリッパ」とのことです。

 なんでも、バスケットシューズなどを履いている子どもさんが、シューズのまま、用を足してしまう、なんとかならないかと、お母さんから話があったとうことで、あちこち探したら、このようなジャンボスリッパがあり、揃えたということでした。

 みなさんも、私のようにあわてて、素足で履かないように気をつけてください。


 

 

この記事をはてなブックマークに追加

榎戸和也議員の立候補記者会見の様子がユーチューブで見れます

2017-07-27 12:49:56 | 地方政治
 7月に榎戸和也議員が、市長選立候補の記者会見をしたことは、ご存知でしょう。このたび、榎戸和也氏のホームページが久しぶりに書き換えられ、記者会見の様子が動画(ユーチューブ)でアップされました。

 私も、今日知りましたので、みなさんにお知らせする次第です。大塚市長側の人は、すでにその発言内容を書き起こし文章にしておりました。私もみせていただきました。

 記者会見で、1つだけ気になったことがありましたので、書きます。
 記者から、「あなたの政策は?」と質問されたのに対し、「相手との兼ね合いもありますので・・・・・・・」と言葉を濁していたことです。現職市長に挑戦する候補者が、「清新な政策」を披露してくれないなんて、残念です。

 あと1つ付け加えますと、榎戸氏の脇に同席された方は、3年前の市議選挙立候補予定者説明会で、見かけた顔です。説明会で質問をした方なので、顔を覚えてしまいました。結局は、立候補を見送った方ですが・・・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

亀岡・福崎で8ヶ所演説できました

2017-07-26 18:51:52 | 議員活動

 昨晩から今朝の雨で、ぐっと涼しくなりました。体は楽になったのですが、疲れがどっと出てきました。また、昨年10月以来、歯医者さんに言っていないので、入れ歯ががたがたです。そんなわけで、久しぶりに目黒歯医者さんに行きました。長らくご無沙汰していたので、怒らるれかと思ったのですが・・・・・・。でも修復には何回か通うことになりそうです。

 そんなことで、午前中からお昼にかけてはのんびりしていたのですが、午後、3時過ぎには、じっとしていられなくなり、街頭演説に出かけてしまいました。なんとしても知事選挙告示前に、桜川市内一周をしてしまいたいからです。無理なことは分かっているのですが・・・・・・・・。


 今日は、亀岡・福崎をまわりました。なんとか8ヶ所演説をすることができました。これで、真夏のキャラバンは175ヶ所になりました。

亀岡にて
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

 市役所職員・廣澤由哲さんの写真展を筑波銀行ロビーで見学

2017-07-26 13:06:41 | 議員活動
 
 たまたま、常陽銀行でいきあった市役所職員から、「廣澤由哲さんの写真展を筑波銀行のロビーで見てきました」との情報をえて、早速私も見てきました。





私のスマホの写真で紹介するのも失礼かと思いますが、実物はもっと素敵ですから、ぜひ一見することをお勧めします。期間は今月いっぱいということです。

この記事をはてなブックマークに追加

8月1日の子ども議会の一般質問者の名前にミスがありましたので訂正します

2017-07-26 13:01:45 | 議員活動
 過日、ブログで紹介した、こども議会の一般質問者の名前にミスがありました。
 
 増渕愛さんの名前が、「岩渕 愛」となっていました。訂正してお詫びいたします。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 4、岩瀬小 増渕 愛
       放課後児童クラブの増設について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事をはてなブックマークに追加

共産党前都議6氏、費用弁償1000万円寄附の記事に触れて

2017-07-26 10:17:01 | 国際・政治
 今日のしんぶん赤旗に、標記の記事が掲載されています。
 東京都議会は、議会出席に伴い1日、1万~1万2千円の費用弁償として、手当が支給されています。ちなみに、桜川市議会は1日2000円です。

 共産党は、2013年の都議選時に、「費用弁償廃止」の政策を掲げました。その関係で、「費用弁弁償を受け取ることはできない」となりました。ではどうするか。
 
 拒否するわけにも、寄付するわけにもいきません。なぜならば、現職議員の寄付行為は禁止されているからです。そこで出てきたのが、現職時は、費用弁償の費用を積みたてておいて、退職時に寄付するという方策を編み出したのです。

 今回の都議選挙は、6人の現職が引退をするという新旧交代があったのです。茨城からみれば、うらやましいような話です。共産党の活動家になって1年から2年という新人が、演説も堂々として立派に当選してしまうのです。私が、都議選応援に入った足立区も、会社をやめて、2年目の人でした。退職理由に、「都議選挙に立候補するためです」と述べたら、上司は目を丸くしていたと、新都議の斎藤まりこさんは語っていました。

 とにかくそんなわけで、退任都議6氏の費用弁償の積立金が、4年間で1千万円を超えて、寄付をしたというわけです。正確には1017万4000円とのことです。
東京都というのは、お金持ちの自治体なのです。

 
 また、現職議員の寄付行為の禁止というのは、市民の方には理解されていない面もあると思いますので付け加えますと、菊池家の夏祭りの寄付は、菊池せつ子が議員の時は、菊池伸浩名で寄付をし、菊池のぶひろが議員の時は、菊池節子名で、1万円寄附をしています。
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

今日は、大泉地区を8ヶ所演説しました

2017-07-25 21:14:39 | 議員活動

 昨日は全一日休んでしまいました。よく考えれば、土曜日に22カ所も演説した疲れが抜けなかったのでしょうか。
 今日は、午前中、大泉地区にいき、8ヶ所演説するすことができました。

 

 午後も出かけるつもりでしたが、NHKテレビの国会中継で、午後1時半ころ、日本共産党の小池晃書記長の質問が始まってしまい、つい、見入ってしまいました。持ち時間は40分くらいでしたが、途中、安倍首相の答弁がしどろもどろになり、中断があり、2時15分を過ぎてしまいました。
 桜川市議会では、テープ中止と議長が宣言すると止まってしまうのですが、国会は速記ですから、山本委員長が「速記中止」といえば、質問時間は止まってしまいます。
 言葉は丁寧なようでいて、中身はない、傲慢な答弁に怒りを感じて、午後はそのまま、家で休んでしまいました。

 

 

この記事をはてなブックマークに追加

午前中は街頭演説、午後は「矢八」の製作

2017-07-23 23:05:47 | 議員活動

 今日はすごく涼しい。そこで勇んで、街頭演説に出かけました。まずは、本鍬田、富岡、久原に行きました。今日は、日曜日ですので、学校の心配をすることがありません。岩瀬西中の近くでも演説しました。

 

 久原で11か所になったのですが、どうも疲れて馬力が出ないのです。どうも、昨日張り切りすぎて、疲れが出てきたようです。こんな時は、無理は禁物です。
なによりも食欲が出ないのが気になります。

 午後からは、「仮説社」から注文がきていた「矢八」の製作に取り掛かりました。板は知り合いの木工家さんに頼んでおきました八角形の板に、裏表に色違いの矢印をつける仕事です。

 なかなか疲れて仕事がはかどりませんでしたが、夕方ひと寝入りしたら、体が楽になり、夜11時までかかって終わることができました。

 
 

 

この記事をはてなブックマークに追加

真夏のキャラバン22カ所で演説

2017-07-22 20:26:02 | 議員活動
 7月5日からはじまった菊池議員の真夏のキャラバンは、今日は22カ所できました。
 午前中は、街中はさけて、農村部に行きました。富谷、入野、南飯田と14ヶ所できました。
 昨日と比べると暑さも少しは弱かったのですが、お昼近くになるとそうでもなくなりましたので、午前中は14ヶ所で終わりにしました。
 途中、南飯田の旧北部保育所前で、お茶をいただき、休憩しました。

南飯田の旧北部保育所に、土が盛ってあったのが不思議でしたので、写真に撮ってきました。
 
 

 入野は、一番の演説場所は、ゴミ集積場所です。

 

午後は、やや涼しくなったので、3時半に家を出ました。人口密集地の富士見台が半分残っていたので、なんとか終えてしまわなくてはなりません。

 

 最後は、パワーマート周辺をまわって、8ヶ所できました。さすがに、20ヶ所を越えますと、疲れは半端ではありません。


 

この記事をはてなブックマークに追加

知事選第3の候補者・鶴田まこみさんを6政党・団体が推薦

2017-07-22 07:52:46 | 地方政治
 昨日、県知事選予定候補者の鶴田まこみさんの記者会見が、県庁内で行われました。これは、6政党・団体が推薦をきめ、関係者が推薦の弁を語ったものです。
 東京新聞は会見の写真を載せていますが、茨城新聞は、1面とはいえ、ベタ記事です。6政党・団体があつまって、記者会見をしているのに、ベタ記事とは、茨城新聞の見識を疑います。

 なお、鶴田まこみさんを推薦している6政党・団体は次の通りです。

 日本共産党
 新社会党
 緑の党
 つくば市民ネットワーク
 とりで生活者ネットワーク
 「茨城一新会」(小沢一郎氏を支援する団体)

 この他、民進党、社民党にも推薦をしてくれるよう申し入れているとのことです。

 

この記事をはてなブックマークに追加

昨日は、第3回目の広報特別委員会が開かれました

2017-07-22 07:37:02 | 議員活動
 市議会だより第48号の「市議会だより」編集委員会が開かれました。第3回目だけですから校正するだけです。暑いこともあり、委員の出席率がよくありません。今回も3人の参加で、かろうじて委員会が成立し、委員長としてはホッとしています。これで、予定の8月1日に発行できます。

 


 
 委員会は30分で終わりましたが、ちょうど、榎戸和也議員の市長選挙立候補が新聞記事になっていたこともあり、話題になりました。榎戸氏は、県西記者クラブで記者会見したので、新聞各紙が報道していました。記者会見の仕方を知らない方のために説明しておきますが、県西記者クラブは、筑西市庁舎にあります。月番で当番記者が決まっていますので、その記者に連絡すれば、記者会見を設定してくれます。私も、8年前の県議補選(県知事選挙と同時)に出馬会見を、その年の4月におこなっていたことを思い出しました。

 みなさん関心のある市議補選の有無ですが、知り合いの記者に、「議員辞職はいつするのか」を聞いてもらったのですが。榎戸議員の回答は、「9月議会もでたい」との移行であったとのことです。


この記事をはてなブックマークに追加

高レベル処分場の受け入れを強要するものでないと言いながら、「科学的特性マップ」の提供する経済産業省の厚かましさ

2017-07-20 20:12:29 | 国際・政治
 7月18日付で、経済産業大臣・世耕弘成名で、「科学的特性マップ」を近いうち送付するとの文書が、市町村長宛に送られてきました。私は、この問題について、6月議会で質問していますので、市民生活部長からその文書の写しをいただくことができました。

 この文書には次のような部分があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 科学的特性マップは、科学的な情報を客観的に提供し、地層処分という処分方法の仕組みや我が国の地下環境の等に関する国民の理解を深めるためのものであって、いずれの自治体の皆様にも処分場の受け入れの判断をお願いするものではありません。マップの提示をきっかけに、国や事業者(原子力発電環境整備機構)は全国各地できめ細かな対話活動を丁寧に積み重ねてまいります。

 こう言いながら、最後はこう結ばれています。

 私自身も、引き続き、高レベル放射性廃棄物の最終処分場の早期実現にむけて、さらに努力を行ってまいります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 言葉は丁寧なようであっても、中身は傲慢そのものです。
高レベル放射性廃棄物に適性のある地域のマップを、「国でかってにつくった」ので今月中に送ります。「マップは提示するだけです。」と言いながら、どこかにつくらなければなりません。と言っているのです。
 
 国民の多くが反対している原発を続けながら、高レベル放射性廃棄物の処分場がなくて困っている。これは国民全体の課題ではないかとも言っています。こんな傲慢極まりないものです。

 このマップに、桜川市が該当しないことを願うだけです。


 
 


この記事をはてなブックマークに追加

MAKOMI  Big Live が7月30日(日)つくば国際会議場で開かれます。

2017-07-20 19:11:10 | 地方政治

 いよいよ知事選挙が本格化してきました。茨城新聞によると「公選法違反の疑い 知事選めぐり告発状」の見出しで、現職知事派と自民系新人のあいだで、告発があったようです。どうも、現職と自民派の争いは、現職と官邸派の争いとなっているようです。

 現職が当選すれば、7選知事となり全国で一番多選の知事となります。それを阻止しようとしているのが、官邸派つまり菅官房長官という構図のようです。

 第3の知事候補、鶴田まこみさんは、別の道を歩んでいます。
 
 このたび、次の日程で、県政を変える大集会を計画しています。
 
  7月30日(日)13:00開場 14:00開会
  つくば国際会議場大ホール

  私も、8年前の県議補選で立候補したとき、5分ほど話したことがありますが、満員の会場ではなすほど気持ちいいものはありません。
 駐車場が分散しているので大変ですが、多くの方が参加して、「鶴田まこみ」さんを励ましにいこうではありませんか。

  

この記事をはてなブックマークに追加

なぜ東海第二原発は危険か? 忘れられない村上達也さんの言葉

2017-07-20 15:34:08 | 議員活動

 菊池議員は、いま、真夏のキャラバンの真っ最中です。そのなかで、3つ目の問題として、東海第二原発の危険性を訴えています。
 人によっては、「東海第二原発はもう廃炉になったのではないのですか」と誤解している人もいます。とんでもない話です。

 私は、演説の中で、必ず、東海村元村長・村上達也さんの言葉を紹介しています。それは、JCOで事故がおきたとき、国も、県も、会社も住民を守ってくれなかったということです。みんな、放射線がでてくるということで、遠くへ避難してしまった。
 危険を知らされていなかった住民は、「自宅待機」ということで、外には出ないよう指示されただけで、放っておかれたというのです。そこで村上村長が抗議をして、コミニュティセンターへの避難が実現したというものです。

 国や県や会社は、いざという時は頼りにならないものですよ。一番住民と身近な自治体・市町村が住民を守れなくて、だれが守るのですか。

 それ以来、村上村長は、国、県、原子力関係の会社のやることには信頼がおおけなくなったと、言っています。

 菊池議員の街頭演説の部分を紹介します。

 ◆東海第二原発の危険性についてお話しさせていただきます。東海第二原発は、来年で、作られてから40年になります。政府の作った基準では、できてから40年になった原発は、運転をやめて廃炉にするのが原則です。ところが、国は自分で決めた原則をかってに変えてしまいました。新しい基準をつくり、合格すれば再稼働を認めるというものです。

 東海第二原発は、3・11東日本大震災以来6年間ストップしたままでした。誰もが、この原発は廃炉になるだろうと思っていました。ところが、この原発の持ち主・日本原電は、この新しい基準への適合性審査に申請しています。新しい基準に合格すれば、「東海第二原発を再稼働したい」と動いているのです。東海第二原発は、今、一歩一歩再稼働に近づいているのです。

 東海第二原発はなぜ再稼働してはいけない原発なのでしょか。第1は、地震への対応が極めて不十分なことです。第2に、ケーブルが燃えやすいということです。第3は、人口密集地にあるということです。避難計画も絵に描いた餅にすぎません。
JCO事故を身をもって体験した東海村の元村長・村上達也さんは言っています。事故がおきた時、国も県も会社も、だれも住民を守ってくれなかった。住民を守れるのは、市町村だけだ。今、土浦市、下妻市、取手市など多くの市町村が「東海第二原発再稼働反対の決議」をあげています。

 ここ桜川市では、市民連合さくらがわも、9月議会に向けて、東海第二原発「20年延長申請」反対の請願署名に取り組んでいますので、みなさんの協力お願いをいたします。


この記事をはてなブックマークに追加