めぐる季節 花華の雪月花

その日々の魅せられた風景、花、鳥など・・・etc
拙い画像の数々ですが、見ていただければうれしいです。

ルビーアイ

2016-09-19 23:39:58 | にゃん

えへへ~なんか大層なタイトルですが・・・・

ナナは、フラッシュをたくと赤い目になります。 それだけなんですが~。

普通はこんなかんじ。

 

ナナは、2階に来るとベランダに出て、

じっと見つめる先は、

外の世界。

飛び乗ることは出来ますが、そのあとは動けない。

いくら猫でも、さすがに2階から落ちて無傷というわけにはいかないだろうから、諦めてもらいます。

ま、グルーミングでもしててちょーだいな。

その後は、うつらうつら

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明智の森 散策 Ⅱ | トップ | アルビノでしょうか »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cat-korokoro)
2016-09-20 09:04:47
フフッ♪ 飼い猫は絶対といって良いほど二階からは飛び降りません。
が・・・正真正銘の野良ニャンは違います。
飛び降りるんですよ! まぁ、彼らはとらわれの身からの脱出ですからね。
これで、避妊したチィ逃亡しました。
でもまぁ、野良でも赤ちゃん産まれなくなったし負担は少なくなっただろうと・・・(大きなお世話と思っていることでしょう)
外野良で飼っている子じゃなかったんです。

ジュンさんちはナナちゃんひとりですか?!
愛情いっぱいでお家ほど素敵な居場所は無いよね(^_-)-☆
cat-korokoroさんへ  (花華)
2016-09-20 21:42:19
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ナナは、一度だけ手すりに飛び乗ったことがあるんですよ。
でもその先は広い空間だけで、予想外だったのでしょうねぇ。
爪あとだけは、しっかり残っています。

外で育った仔を家の中だけで飼うのは難しいですね。

今は一人っ子のナナです。
以前は先輩猫もいましたが、ガンで他界しました。
しばらくは幼児のように後追いをしてトイレの中まで着いてくるくらいでした。
1匹だけではかわいそうな気もしますが、穏やかに過ごすにはいいかもしれません。

コメントを投稿

にゃん」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。