ふたりの生活。

東京の下町で暮らすふたりの生活

力技。

2016-09-15 | 家メシ

「ま」さんの誕生日に 特別なことがしたかったが

本人は『欲しいものはない』『食べたいものはない』『その日は仕事が忙しい』・・・とか 全然乗ってこない。

 

だので 

憧れのアレを 勝手に作って 帰宅した夫を無理やり祝おうと思った。

←「ケーキ 虹色」で画像検索すると出てくるやつ

 

数日前から材料を揃え イメージトレーニングを重ね 作業時間を考えて仕事もオフにした。

大量のケーキのタネを作る→小分けし着色料を入れる→色ごとに型に流し入れ 一枚ずつオーブンで焼く

→クリームを塗って重ねる→外側にクリームを塗る

たぶんできる!絶対にできる!!できないわけがない!

 

やる気満々で 計量→大きいボウルで混ぜ合わす

・・・ここまでは順調。

 

で、とりあえず 一色試してみた。青。

つまようじにこすり付けた程度の量で十分かな・・・と 思ってたけど

なんか違う。

もうちょっとだけ・・・・

付属の小さいスプーンに3杯、いや4杯。

パステルっぽい水色にしかなってないけど、

もしかしたら焼いたら色が出るのかも・・・と

根拠不明の希望的観測 モノは試しでオーブンへ。

焼き上がりはややグレーっぽい気がする程度。全然青くない。

 

こんなんじゃダメだ。

もっと大量に色素を投入せねば・・・

 

青をオーブンで焼いてる間に作っていた紫のタネに追い着色。

   (紫は赤と青をブレンドして着色します)

小さいスプーンに2杯、3杯、、、、理想の色はまだ遠い。

あぁぁ・・・もういっそ直接振り入れてしまえ!

・・・最終的には着色料嫌いの母が見たら卒倒しそうな量を投入。

 

おどろおどろしい紫色のタネを焼いたら  なぜか坂角のゆかり的な色になった。

どうも青は熱に弱いらしい

   ・・・1枚目を焼いたときに気付や!って話ですな。

 

 

グレーっぽいのと 坂角のゆかりっぽいの、 2枚のホットケーキ的なモノを目の前に

私は小さな脳みそをフル回転して考えた。

虹 層 色素 大量の小分けされたタネ 焼き型のサイズ 誕生日は今日 ・・・

導き出される結論はただ一つ。

 

USJで食べたケーキ↓に 方向転換しよう!

 

「全体的に色まだら」に しちゃえば いんじゃね?

 

思い立ったらタネを着色。

 

色数は多い方がいい気がする。発色も鮮やかな方が好ましい。

クッキングというより 工作の気分で着色。

着色料嫌いの母に見られたら 親子の縁を切られそうになるレベルの量の色素。

さっきのより もっともっともっと濃くした青なら もしかしたらちょっとは青くなるかもしれない

どろどろどろ・・・・

焼き型の真ん中にタネを注ぐ感じで。

どろどろどろどろどろどろ・・・・

 

とてもじゃないが食べ物とは思えない様相。

 

 

焼き上がり。

 

思ったよりも膨らまなかった。

原因は量と焼き型と温度のバランスが合ってなかったか、

色付けで様子見てるうちにかきまぜすぎたのか

焼くまでの時間が長すぎたか ・・・のどれかだと思う。

その全部かもしれない、多分全部だ。

  でも、気にしない。

 

冷ましてスライス。

青はやっぱりグレーっぽくしかならなかった

  でも、気にしない。

 

生クリームを泡立てて、

 →クリームを塗って重ねる→外側にクリームを塗る

 

    おぉ! 帳尻が合ったぞ!

 

 

で、

完成品は「ま」さんがアップしてくれた→カラフルル

間に塗ったクリームが少なかったね、失敗した。

あ、いや、失敗したのはそれだけじゃないけどね。。。

 

 

次にこういうのをやるときは もっとそれっぽい着色料を探してからにしようと思う。

   

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラフルル | トップ | 納得のいかない顔。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家メシ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。