続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

ああ、疲れた!

2014-05-31 06:53:20 | 日常
 空飛ぶ鳥は口が利けない、と言うか人間に通じる言葉を持たないので意志の疎通は殆どなく、ただ人間を警戒するばかりである。


 でも初めては大変疲れる、それは人間も鳥も同じことらしい。
 初めての飛行訓練・・・ツバメの一家は爽やかに空に円を描きあちらかと思えばこちら、こちらかと思えばずっと向こうの彼方にという風に飛び回っていた。

 でも、でも・・・夕刻になると疲れたのか、我家の窓辺に数羽が並んで休憩(?)その様子をずっと見ていたわたし。
《そうだ、カメラに収めよう》としたら準備している間に去っていってしまった。なのに、そのなかで一羽だけはよほど疲れたのかカメラを向けても動かない。甘ったれで《どうでもいいわ》という感じ。


 以前、「今朝、ツバメが巣を離れたわ」と言ったら「じゃ、もう帰らないわね」と言われた。その言葉通り、その年は二度と姿を見せることはなかった。それがツバメの習性だと淋しいながら悟ったのに、隣家に来るツバメ、何度でも戻ってくる。今朝も隣り家から飛び出すのを目撃、それどころか去年など三回も雛を孵していたので三月末から七月まで途切れることなく糞の後片付けに追われていた様子。


 ツバメの習性って変化するの?
 よく分からないけど、人に懐かないくせに人家に巣を作るツバメ。
 友人の家ではツバメが玄関の中に巣を作ったので、「出かけるときにも開けっ放しよ」と、笑ったことがある。

 雲を見て、鳥を見て、野草を見て・・・ボォーッしているわたし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ポラーノの広場』353。

2014-05-31 06:41:32 | 宮沢賢治
こんなことになったんぢゃ、まるで向ふの感情を害するばかりだ。きさまの店を訴へるぞ。」と云ひなから、ずんずん腫れて行く頬を鏡で見てゐました。親方もむかっ腹を立てて云ひました。


☆講(話)を換(入れかえる)のは常なる我意である。
 転(まわる)組(くみ合わせ)の運(めぐりあわせ)である。
 釈(意味を明らかにする)考えは、胸(心の中)にある教(神仏のおしえ)である。
 現われる真(まこと)の法(仏の教え)には、福(さいわい)を流(広める)薀(奥義)がある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『城』1639。

2014-05-31 06:27:36 | カフカ覚書
ーそこまで言うと、フリーダは、Kのほうににじり寄ってきて、彼の肩に顔を隠し、その格好のままで話をつづけた。Kは、聞きとりにくいので、フリーダのほうに身をかがめなくてはならなかった。


☆彼女はKにより近づき幽霊の罪過を隠した。来世の伝説は聞きとるのが難しく曲解せざるを得なかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怖~い。

2014-05-30 06:49:15 | 日常
 隣家にあるツバメの巣からいよいよ今朝は巣立ちの様子。見ていると、以前あった我家の巣の方に向かって飛んできては翻り、ぐるぐるまわっている。
 我家にあった巣から離れてすでに十年は経つというのに、未だに毎年確認とも思える行動でやって来るツバメたち・・・。


 と、我家の玄関を見ていたら、こ、怖~い~。

 蜂の巣が出来かかっている。(何時出来たの?)

 恐々殺虫剤を散布、これでもかというほどに掛けたら、守っていた蜂がよろよろ~、しかし確実に玄関ドアの隙間から手を出しているわたしの方に~間一髪ドアを閉めた。


 でもこれからどうすればいいの?
 棒で突いて落とせるかな?(そのあとは?)

 まだ造りかけの小さな巣だけど、どうしたらいいのか、とにかくやるしかない!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ポラーノの広場』352。

2014-05-30 06:43:17 | 宮沢賢治
「失敬ぢゃないか、あしたは僕は陸軍の獣医官たちと大事な交際があるんだぞ。


☆悉(ことごとく)経(不変の書物をといた書物)に朴(ありのまま)に録(文字に書き記す)。
 群(数多くの)重(大切な)意(考え)を観(よく見る)。
 題(テーマ)は二つの講(はなし)を再(かさねている)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『城』1638。

2014-05-30 06:23:51 | カフカ覚書
わたしは、ときどき吹きださずにおれなくなることがありますわ。そうはおもいますが、彼らを追いだして、わたしたちだけで水いらずになるのがなによりだという点では、あなたと完全に意見が一致しています。


☆多くの汚点に復讐せずにはいられません。それにもかかわらず、すべての先祖が二人の存在と同じであるという点で完全な合意があります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とても適わない・・・。

2014-05-29 07:18:39 | 日常
 何だかひどく疲れて居眠り・・・ふと目が覚めたらすでに五時。

 夕食の支度、冷蔵庫を点検すると、キャベツ、白菜、牛乳、お魚がない・・・買いに行かなくては! (Ah、いやだな)
 夫の夕食には煮野菜を摂るため必ず「一人鍋」をつける、そのため白菜は欠かすことの出来ない食材、それがない!

 やむなく玄関を出た。鬱々とした気分・・・そこに老齢のKさん、自分の家ではなく道路を挟んだ前の家の舗装の隙間に出た草を鎌で除去作業、手に持った袋にはすでに雑草が詰まっている。

 わたしの顔を見ると、照れくさそうに
「これで終わりにするわ」と笑った。(すごいわ、わたしなんかこの時刻にもう疲労困憊。なのにKさんは汗水流して草取り)

 もうとっくに90才を越えているKさん、他所の草取りまでするのを見て、「なんでそんなに元気なの」と訊ねたことがある。
「ここらあたりには世話になっているからねぇ、お父さん(旦那)亡き後いろいろ助っ人みたいな仕事で食べて来たんだよ」といい、感謝の気持ちを語った。

 田植え、草取り、収穫、脱穀の手伝い。夫の給料をみんな畑仕事の手間賃に使ったという地主でもあったSさんは「Kさんに一番多く頼んだよ」と言っていたことがある。

 そのSさんは施設に入っていると聞いているけれど、一つ年下のKさん、まだ他所の手伝いに明け暮れている。
 夫亡き後三億円の税金を払ったというSさん、「旦那が死んでずいぶん経つのに、いまだにお墓が買えないんだよ、なんとかしたいんだけど」とつぶやくKさん。

 いいじゃないの、今がお元気ならば。羨ましいです、とても適いません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ポラーノの広場』351。

2014-05-29 07:12:50 | 宮沢賢治
「さうですか。とにかく、だいぶ腫れて参ったやうです。」親方のアーティストは、少ししゃくにさはったと見えて、プイッとうしろを剝いて、フラスコを持ったまゝ向ふへ行ってしまひました。デステゥパーゴはぷんぷん怒りだしました。


☆主(中心となる)太陽、真(まこと)の法(仏の教え)は、照(普く光があたる=平等)が元(根本、基本)である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『城』1637。

2014-05-29 06:31:35 | カフカ覚書
彼らは、愉快で、すこし頭の単純な坊やにすぎないんです。城のきびしい規律から解かれて、初めて他国から来た人の下で働くようになったんですもの、しょっちゅういくらか興奮したり、面くらったりしているのです。そういう状態では、ときにはばかな真似もしでかしてしまうでしょう。それに腹をおたてになるのは、無理もないことですけれど、笑ってすますほうが、分別のある態度ではないでしょうか。


☆彼らは、新しい仲間であり、快活で単純なんです。なじみのない機関での禁錮、きびしい死の規律に、少なからず興奮したり、驚かされたりしているのです。そういう状況で幾度も愚かな考えに連れ出されたことを怒り復讐するのは、理性ある自然のなりゆきです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実直な視聴者。

2014-05-28 06:30:39 | 日常
 夫はひどく真面目にTVを見ているばかりか、それを実行しようとしている。
 TVの健康番組などで「レモンとローズマリーの香りが呆けに効く」と言えば、それを用意させる。「胡桃がいい」と聞けば、胡桃を買い込んで実直にスプーン一杯を食している。(歯の劣化が酷くて大きいままでは噛み砕けず細かく砕いている)


 その昔、「お酒はほどほどに」「歯は大切だから」とくどくどと忠告していたのに、聞く耳を持たなかった夫。あげく大病もし、歯もイカ・タコどころかパンの耳も硬いとお気の毒な状況。
「助けられた生命だから大事にしなくてはね」というわたしの言葉に肯いているのかどうかは定かでないけれど、最近ではしきりにTVなどの健康アドバイスに従い、腰の痛みを和らげる運動をしたりして、自分の体調を気遣っている。
(そんなに生命が惜しいか!)と意地悪い観察をしているわたし。(こちらも相当ひどい劣化状態ではあるけれど)

 
「ああ、もう三週間も経ってしまったのか」と、病院通いの夫。(一病息災、大丈夫だよ)

 それにしてもTVの中の医師の一言一言を真剣に聞いている夫を見ていると、つくづく実直な人間なんだなぁと思う。斜に構えたわたしの辛辣に耐えている夫、もしかしたら夫のストレスの根源、元凶はわたしであり実直な視聴者として、わたしに背を向けていることが唯一の安らぎになっているのかもしれない。

 ちなみにTVドラマなどを見て、すぐ涙ぐむのは夫で、すぐ大笑いするのはわたしという相反する二人の危ない老人生活である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加