続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

トラウマ。

2011-01-31 07:17:13 | 漫画
 幼いころの窮乏生活は、その後の人生をも左右する。
 生きるための糧が無い・・・このことの驚愕、失望、落胆は、心の奥底深く根ざし、その原初見た光景から逃れることが出来ない。

 足りない・・・無いことへの恐れ。

 かつて年配のEさんは、
「うちの押入れを開けるとすごいよ、トイレットペーパーなんか転がり出るくらいあるし、お醤油だの何だの買い置きで一杯」と笑った。オイルショック後のあの騒ぎ・・・必死で買い集めて・・・笑えない主婦の暴走。

 この先、豊かな生活は望めそうもないけれど、生きるための糧だけは何とか確保したい・・・。

 ただそれだけの『失笑生活』である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Re『武蔵野』186。

2011-01-31 07:13:14 | 国木田独歩
ああその日の散歩がどんなに楽しかったろう。

 日散歩楽

☆化(形、性質を変えて別のものにする)の算/見当をつけるために、部(分ける)絡(すじみち)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『城』370。

2011-01-31 06:49:16 | カフカ覚書
 宿屋までの道のりは近かったが、Kは、オルガの腕にぶら下がり、ほかにどうしようもなかったので、先刻バルナバスにそうしたように、ほとんど引っぱられるような格好でついていった。

 宿屋/wirtshaus→wort hause/言葉の宮(架空の世界)
 近い/kurzen・・・略語。
 オルガ/Olga→Organ/機関。
 腕にぶら下がり/eingehangt・・・Ahn hangen/先祖、吊るす(絞首刑にする)
 wurde・・・wurden/尊厳。
 バルナバス(兄弟)/Bruder・・・・仲間、同志。
 ほとんど/fast→Feste/要塞。
 引っぱる/gezogen→zogern/躊躇う。

☆言葉の宮(架空の世界)は略語(記号)だったが、Kは、先祖の(罪人を)絞首刑に処したことと、その尊厳をほかに手助けする方法がなかったのでかって同志がそうであったように、要塞にいることに躊躇うだけだった。、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気の使いすぎ。

2011-01-30 07:59:47 | 漫画
 小心者の常として、他人に気を使いすぎるという変な癖がある。

 他人のマイナス点は決して突かないことを身上としているけれど、パチンコの趣味くらいオープンに笑いあってもいいのに、つい知らないでおこうと思ってしまう。
 バス停で会った近所の知人、パチンコが趣味らしい。今は亡きこの人のご主人から「うちの女房の方が俺よりもパチンコ好き、ポケットに十万は突っ込んで、二人で出かけるのよ」と聞いたことがある。

 衣笠駅周辺のパチンコ屋さんへ行くらしいと察すると、JR衣笠駅に向かうつもりのわたし、どうしてもそこまで一緒に行き、気まずく分かれるのは申し訳ないと気を使い、もう一本別の路を遠回り。

 逆ならまだしも・・・ああ、どうしてこうなるの?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Re『武蔵野』185。

2011-01-30 07:51:13 | 国木田独歩
 茶屋を出て、自分等は、そろそろ小金井の堤を、水上の方へのぼり初めた。

 茶屋出自分等小金井堤水上方初

☆査(調べて)憶(思いをめぐらし)推(おしはかる)。
 字を部(分け)、問う己(わたくし)の魂(精神)。
 逓(次々に取り次いで伝える、次第に変化する)ことを、遂/成し遂げている。
 消えていく泡を書いている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「城」369。

2011-01-30 07:23:33 | カフカ覚書
ただ、アマーリアのきまじめな、飾らない、すこしも動じない、もしかしたらいくらか鈍重そうに見える視線にだけは、いささか辟易させられた。

 きまじめな/ernsten→erst/最初。
 飾らない/geraden→geleden/召喚。
 stumpfen→staup/むち打ちの刑、晒し柱。

☆ただ、非マリアは、最初の召喚にはすこしも動じないけれど、晒しものとしての視線にだけは辟易させられた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

辻晉堂展。

2011-01-30 06:41:41 | 美術ノート
 ・・・人間の原点、原初とは何だったか、存在の意味。
 存在、有ることは無いことと対峙している。

 人間は九つの大きな穴と小さな穴が億万とある物体にすぎない。
 内在するものは常に外に押しやられ、外在するものを吸収していくという生命の基本。
 
 作品に見られる「穴」こそ見るものであり、見られるものである。その虚空が存在を支えている根拠ではないか。
 虚空(外界のエネルギー)の沈黙。

 しかし、人は教育という情報を詰め込まれた結果、見えるものの優位を確信していく。
 辻晉堂の闘いはいわば巧みな技量の消去、超越に向かう。
 人の本来の形、縷々連鎖されて来た人の歴史を鑑みて、表現の発露を凝視。
「自分とは何であったか」
 自分とは、連鎖の中の一偶然に過ぎないのではないだろうか。偶然であるならば、自分の手によらない物のドッキングはごく自然の成り行きである。
 他者(別のもの)との共存は、作家の意志ある必然的な行為の表れであったに違いない。

 存在における偶然と必然・・・有ることは無いことであり、虚空こそは雄弁である。
 存在とは無に帰するもの・・・。
 作品は「わたくし」を消し、あたかも昔からそこにあったのではないかと思われる風化の時間さえ感じられるものになっていく。

 作品は、意味の肯定から否定へと移行し、世界を内包する大いなる肯定へと挑む形で進行して行ったように見える。
 人に内在する時空は触診不能である。

 しかし、それを具現化することに賭けた苦悩と情熱・・・究極、沈黙の激闘・・・否、祈りだったかもしれない。

   神奈川県立近代美術館(鎌倉)にて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感嘆・・・そして敬意。

2011-01-29 07:15:34 | 漫画
(90才の)Kさんに衣笠十字路のバス停で会った。
「どこ行って来たの?」
「ちょっね、SEIYUでお砂糖が安いっていうから」という。
「お砂糖なんか、近所のスーパーでも特売するじゃない」というと、
「なに、歩かなくちゃいけないと思ってね。でも、帰りはズルしてバスに乗ろうと思って」と照れ笑いをしたKさん。
「・・・」

 家から衣笠まで30分ほど掛かる、3500歩くらい。それを難無く歩いて帰りは5キロはある重量のリュックを背負い両手にも軽いとはいえ荷物。

「なに、昨日なんか、衣笠通り越して、気が付いたら池之端まで歩いちゃったよ」と笑った。

 出嫌い、歩くのは少しでも短距離を・・・のわたし、ただただ感嘆!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恥ずかしい・・・。

2011-01-29 07:02:54 | 日常
 わたしは、狭い家の中でこそ主導権をもち存在感は大であるけれど、一たび外に出れば小さくなって存在感の薄い地味なタイプ。
 それが昨日、遅刻寸前に赤い顔で現われたわたしに、西コミセンの方は「ハマダさんですね」と声を掛けてくれた。
(えっ、うそ!名前を覚えられているなんて・・・嬉しいけど恥ずかしいわ)
 初めて行った西コミセン「つるし雛」の講習・・・(センターの方は人の名前を覚えるのも仕事のうちかしら)と思いながら教室に入ると、

 そう、たった一人未到着だった人のネームプレートが一枚机の上に!
(ハマダさんだけ来ないけど何してんだろう、葬式以外の理由では休まないようにあれほど忠告したのに)

 名前がわかるはず・・・一分前、滑り込みセーフのわたしでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Re『武蔵野』184。

2011-01-29 06:52:13 | 国木田独歩
(喉を湿るおすのを)待ているらしい。しかし婆さんは何とも思わないでこの水で朝夕、鍋釜を洗うようであった。

 待婆何思水朝夕鍋釜洗

☆自(わたくし)の場(場合)、化(形、性質を変えて別のものにする)の詞(ことば)を、推(おしはかり)積/積み重ねた譜(物事を系統的に書き記したもの)は、遷/移り変わる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加