続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

デュシャン『与えられたとせよ:⑴落ちる水⑵照明用ガス』了

2017-04-21 06:36:50 | 美術ノート

 『与えられたとせよ:⑴落ちる水⑵照明用ガス』

 裸婦の大股開きは女性を侮辱したかに見えるが、そうではなく両性具有のような現象を醸し出している。デュシャン自身、ローズ・セラヴィと化身したりモナリザに髭を描き足したりして男女の境界を取り去ろうと試みていることは暗黙の条件と化している。
 人類の基本形と解釈してもいいかもしれない。
 彼もしくは彼女が光(ランプ)をかかげているのは、時空の継続であり、希望・進化である。(しかし、デュシャンはそれがその程度のものだとも言っている)

 デュシャンの冷めた眼差しは、海山川そして青空のある地球の風景を愛をもって見つめている。遠い宇宙の任意の点から眺めた故郷は非常に美しく、生命の原点である女体は残酷なまでに醜態を曝しているが、万人が等しく誕生したはずの現場証明なのである。

 この作品はヒューマンスケールで位置した二つの覗き穴を覗くであろう不特定多数(総勢)を想定し造られている。
 《見えている作品構成》vs《見えない観客》(vsは覗き穴)そしてデュシャン自身は不在である。
『ローズ・セラヴィよ、何故くしゃみをしない?』デュシャンの中のわたし、この裸婦はデュシャン自身であると・・・。

『存在と不在』『可視と不可視』…沈黙の中の熱い思いが、作品の中に燃え滾っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『水仙月の四日』15。 | トップ | 『紙芝居講座』三学期① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。