続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2698。

2017-07-17 06:24:51 | カフカ覚書

そういうわけで、正規の採用も、そうでない場合も、陰に陽にさまざまな困難にみちています。こういうことに手を出そうとおもったら、ぜひともそのまえにあらゆることをよく思案しておかなくてはなりません。ところで、バルナバスとわたしは、その点にぬかりはありませんでした。


☆要するに合法的な理解がありますが、他の場合は自由かつ秘密の困難に満ち、先祖がそのようなことをしようと思ったら有利な死を厳密に通さなくてはなりません。それによってバルナバスとわたしは罪過を犯すことなくそのままにしているのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紙芝居・実演。 | トップ | 『山男の四月』5。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。