続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

果敢にも・・・。

2017-07-10 07:32:26 | 日常

 96才のKさん、近頃さっぱり見ないのでどうしたものかと心配していたら、昨日家の前を歩いている姿を目撃(夏になったので簾と網戸にしたため、通る人が見える)。
 急いで後を追うと、
「いんげんの芽が出てきたから、笹竹を取りに行こうと思って」という。
「どこまで?」
「何、すぐそばの池の方だよ」
(池って、そんなのあったっけ?)
「あんたも行くかい」というので付いていくと、池がありました。(この辺りを切り崩したための調整池だそうです。)。
 その周辺の竹やぶに96才のKさんは果敢にも入って行き、持ってきたハサミでちょきり。
「Kさん、やぶ蚊がすごいよ」
「なあに、平気だよ」なんて笑っている。

 数本を取り終えたところで「こんなもんでいいかな、こんなもんだって買えば高いからね」と。(「百円ショップで一生もんの偽竹を売っているよ」とも言えず…)

 それにしてもスゴイ元気で、すぐ近くじゃない所まで闊歩。

 あなたの元気をいただきました。どうもありがとう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デュシャン『与えられたとせ... | トップ | 『城』2692。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。