続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

マグリット『呪い』

2017-08-17 06:52:10 | 美術ノート

 『呪い』

 青空に雲の散在…なんということもない光景である。
 ここにあるのは空と雲だけ、これがなぜ『呪い』なのか。ひどく漠然としたテーマであり、鑑賞者は首を傾げざるを得ない。

 雲、水の異なる現象の一つであり、雨風、暴風雨、雪に変化する要因を持っている。
 そもそも「呪い」とは悪現象であり、地域社会に災厄や不幸をもたらすものであるが、呪いは人の行う行為である。
 だから、雲の変化のような物理的現象が呪いの主体になることはない。人の精神が元凶となり霊的な手段(呪詛)をもって為す、いわば空論である。

『呪い』とは確かに在るように感じる結果論に近いものであり、実際にその存在を確認し、証明することは出来ない。留めて検証をすることは困難であり不可能である。
『呪い』とは、見上げて見たときの《雲》に酷似している。形を留めず、有るかと思えば無く、無いかと思えば在る、疑惑を持たざるを得ないような正体への追及は、雲の存在に近似している。
 あの青空に素知らぬ顔で漂う雲こそ『呪い』の正体かも知れない。(=で結べないが≒であるという精神論は通用するのではないか)


(写真は国立新美術館『マグリット』展・図録より)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『山男の四月』32。 | トップ | 孫たちの到来。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術ノート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。