続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2617。

2017-04-22 06:38:41 | カフカ覚書

「だけど、ぼくがあるお役人の橇のなかをのぞいてみたときh、書類なんかありませんでしたよ」と、Kは言った。


☆だけど、先祖の終わり(死)の内側には往復台がみえ、小舟の作用なんてものもある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『紙芝居講座』三学期① | トップ | 『水仙月の四日』16。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事