続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

横須賀ジオツアー第三回

2017-02-12 07:48:03 | 博物館講座

 博物館・三浦半島活断層調査会の先生方による案内で、西海岸は立石~久留和海岸~子産石バス停までの解説。

 立石の凝灰岩(降り積もった火山灰の凝固)。
「割ったばかりの内部は濃い緑色をしていますが時間が経つと酸化(風化)され褐色になります。立石公園付近では凝灰岩が三浦群逗子層の泥岩と不整合で接する様相を見ることが出来ます。
X線回析分析を行うと一次鉱物として斜長石と石英、単斜輝石、変質してできた二次鉱物としてスクメタイトと方彿石などの沸石類が含まれていることがわかります。スクメタイトは火山ガラスが変質してできた鉱物です。
 年代に関してのデータは得られていませんが小矢部の矢部層からはナノ化石が見つかっており、類似のものとして野比海岸や千葉の荒島からは1300~1400万年前の石灰質ナノ化石が見つかっています。立石の岩石も同じ年代という可能性があります」

「秋谷の葉山層群では凝灰岩砂岩の地層が見られます久留和漁港北の井戸石と呼ばれる岩場からは約1,800万年前を示す放散虫化石が見つかっています。」
 放散虫化石については調査会の鈴木先生から写真と解説があり、二千数百万年前から1700万年前のものであるとのこと。

「子産石については地元では安産のお守りとされていることや、直径一メートルの子産石なども拝観。丸い石の正体は他より硬く固まったコンクリーション(ノジュール)と呼ばれるもので、ほかにも様々な形態があることが知られています。これらは一般には地下水の化学成分が化石や砂粒などを核として地層の中に濃集して作られるとされています。」


 等々の説明を受けた昨日のジオツアー、快晴の好天、雪をかぶった富士山がくっきり見えて、さすが景勝の地とされる所以。(カメラを忘れてしまい残念…)

 柴田先生、鈴木先生、調査会の方々、ありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マグリット『媚薬』 | トップ | 『城』2556。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

博物館講座」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。