続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2696。

2017-07-15 06:14:43 | カフカ覚書

こういうお役人は、悪評のある人物ほどいわば食欲をそそる魅力があるらしく、法規集にでもしがみついていなくては、その魅力にうち勝つことができないほどです。


☆彼らのものすごい刺激に対して抵抗するのには、非常にしっかりした法典に支えられねばなりません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マグリット『水浴の女』 | トップ | 『山男の四月』3。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事