続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2667。

2017-06-15 06:07:41 | カフカ覚書

彼らの破廉恥さかげんは、とどまるところを知りません。村にとってなによりもありがたいことに、あの人たちは、許可がなければ縉紳館から出ていけないのです。けれども、縉紳館としては、なんとか彼らと仲よくやっていかなくてはなりません。


☆彼らの無知は小舟に似ています。村(死の手前)での先祖の幸運はハロー(死の入口)から離れよ、という命令でした。けれども、ハロー(死の入口)を、共に仲よく探さなくてはなりませんでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 杞憂の種は自分。 | トップ | 水仙月の四日』66。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。