続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

デュシャン『急速な裸体に囲まれた王と王女』

2017-06-02 06:47:10 | 美術ノート

 『急速な裸体に囲まれた王と王女』

 この絵の不思議は光源が不明なこと、床面・天井・壁といった空間を限定するものがないことであり、この状況の立地面が断定不能なことである。
 浮いているはずはないという思い込みがあるから床面を想定し、その上タイトルにある裸体と王と王女をいずれかに認定しようと努める。わずかな要因を見つけ(これに違いない、あるいはこれがそうかもしれない)という不確定さのまま無理にも納得しようと試みる。
(裸体に囲まれた)ということは、裸体が複数であり、中心に王と王女がいるということであるが、その要因を見いだせない。
 鑑賞者は、タイトルと描かれた作品は同値だという前提で見ているから、そのギャップを埋めるために視覚を歪めるという暴挙に出る。なんとしても辻褄を合わせることに集中するが、曖昧なまま決着をつけざるを得ない。

 鑑賞者は『急速な裸体に囲まれた王と王女』という仮想を、作品の前で作り上げ作品に被せる。二重構造ともいうべき体験を強いられるわけである。


 だから《何なのだ》という結論・目的は、客観的見地から推したならば《無》であり、確かに(それ)を見たかもしれないが、内実は空無である。
 デュシャンは《鑑賞者自身が見る幻》を設定したのかもしれない。


(写真は『DUCHAMP』TASCHENより)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『水仙月の四日』54。 | トップ | 『城』2656。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術ノート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。