続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

デュシャン『秘めたる音に』

2016-10-16 06:32:54 | 美術ノート

 『秘めたる音に』

 磨いていない2枚の真鍮の板のあいだに糸玉をはさみ、4本のボルトでとめたもの。糸玉のなかには何かが入っていて(ウォルター・アレンズバークが入れた)揺すると音がする。(『マルセル・デュシャン』解説より)

 何かを入れ、揺すると音がするから「秘めたる音」というのは作家の意図に反しているように思う。仮にそういう仕掛けをしたとしても、作品はあくまで視覚からくる情報によってしか意図されていない。

 音は空気振動であるから、静止の物体から音が聞こえることはありえない。
 物理的に不可能なことも、心理的には可能かもしれない。つまり、物質の持つ質感、(糸玉は真鍮の2枚の板に挟まれているという状況)から、例えば、圧迫を受けた苦渋の声(音)を想像することができる。楽しいイメージには欠けるが強さのイメージはあるから、そんな心理的楽曲を空想することも可能であるが、可能であるに過ぎない)

 『秘めたる音に』ということは、見えないが(秘めた)音があるのだと言っている。しかし、そんなことは物理的にないのだということも承知した上で、心理的亀裂の溝に問いかけている。
 『無/ないもの』を『有/ある』といえば、有るのではないかという可能性を想起する。しかし、必ずや無に帰するこのサイクルを『秘めたる音に』という作品に提示したのである。

 デュシャンは《無》を証明しようとしている。


(写真は『マルセル・デュシャン』美術出版社刊)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『吊るし雛』講座① | トップ | 久しぶりの夕焼け。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。