続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2465。

2016-10-29 06:28:46 | カフカ覚書

〈団長さん、団長さん、もうイカ減にして、この人たちに説明してあげてください〉と念じながら、ゼーマンのそばにつめ寄りました。ところが、ゼーマンは、妙なことにくるりとからだを回転させただけでした。


☆〈あたかも、人の大群〉と彼女は言った。それにもかかわらず決定的に喜んだのは、わたしたちへの圧迫がこちらに近づいてきたのですが、奇妙なことに、くるりと回転するきっかけになったことでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デュシャン『花嫁』 | トップ | 『銀河鉄道の夜』280。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。