続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『水仙月の四日』42。

2017-05-20 06:26:27 | 宮沢賢治

「ひゆう、ひゆう、さあしつかりやるんだよ。なまけちやいけないよ。ひゆう、ひゆう。さあしつかりやつてお呉れ。今日はここらは水仙月の四日だよ。さあしつかりさ。ひゆう。」


☆語(ことば)で教(神仏のおしえ)を化(形、性質を変えて別のものになる)で、推しはかる。
 遷(移り変わる)月を視る実(まこと)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『城』2643。 | トップ | マグリット《王様の美術館》 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宮沢賢治」カテゴリの最新記事