続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

里山の暮らし②

2017-02-23 07:23:49 | 日常

「大人はみんな畑仕事だから、朝起きてご飯を炊くのはわたしの仕事だったわ。薪をくべて…味噌汁もね。
学校へ行く前よ」
「それから、牛を連れて散歩をしたことがあるの。で、何かの拍子に転んで、手綱を離してしまい《どうしよう》と思って立ち上がったら、牛は逃げずに(幼い)わたしの傍でジッとしていたわ。何か分かるのね、気持ちが通じているっていうのか…牛も家族だったから」

 そんな話をしてくれたAさんも寄る年波には逆らえず、買い物に出ると坂上にある自宅まで帰りはタクシーを利用しているらしい。
 ある日、降りようとして財布を確かめると料金不足…。
「すみません、家に入ってお金を取りに行ってきます」と運転手に告げると、
「いいですよ」と言ってそのタクシーは走り去っていったという。 

 Aさんは、その運転手さんにとって顔馴染みだったのかもしれないし、自分の親を思ってのことだったかもしれない。
(何か分かるのよね、気持ちが通じているっていうのか…)

 横須賀は里山の風景を失くしているけれど、まだまだ人情はある、と思いたい。

  
 
 

  

   
  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マグリット『ピレネーの城』 | トップ | 『城』2562。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。