続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2579。

2017-03-13 06:29:30 | カフカ覚書

〈わしがアマーリアの名誉をとりもどしてやるよ。それも、もう近いうちにだ〉と、父は、バルナバスとわたしに一日に数回も言ってきかせました。しかし、非常に小さい声でしか言いませんでしたが。アマーリアに聞かれてはいけないからです。


☆わたしがアマーリアの名誉を取り戻す、予言は長くは続かない。
 父はバルナバスとわたしに先祖の汚点を明るみに出す、と言った。しかし、非常に小さい声で言った。アマーリアに聞かれてはならないからかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『紙芝居講座』③ | トップ | 『注文の多い料理店』62。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。