続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2450。

2016-10-13 06:28:15 | カフカ覚書

しかし、長くはいないのです。新しい人たちほど

、そそくさと別れを告げていきました。いつもは悠然としてもったいぶっているラーゼマンは、はいってくるなり、部屋の面積をしらべようとでもするかのように、ぐるりとまわりを見まわしたかとおもうと、それだけでもう出ていってしまいました。


☆しかし、長くはとどまりませんでした。一番の友人ほど大至急で別れを告げました。いつもは鈍いラーゼマンも入って来るなり部屋の広がりを調べようとするかのように辺りの先祖の光景を見て素早く出て行ってしまいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デュシャン『旅行者用折り畳... | トップ | 『銀河鉄道の夜』265。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。