続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

マグリット『自然の驚異』

2017-05-16 06:44:41 | 美術ノート

 『自然の驚異』

 自然の驚異?不自然の驚異にしか見えない・・・。
 石化した恋人らしきペアー、下半身は人類・上半身は魚の態である。どちらも有機質を無機質なものに置換されている。
 海上に浮かぶ船を見ると、船は海と同じ質感に描かれており、個体を液体に置換している。しかも形を留めているという景色である。
 
 質を変換された景色に生命(有機質)の要素は見えず、人間の側から見た《死の景色》である。

 かつての幻想…昔、人や魚が生息し海には船が行き交っていました。物が総て元素に帰り、有機質のものはすでにおぼろげな幻想と化している景である。
 超未来の驚異・驚嘆すべき自然の景色! こんな日が訪れるのだろうか、マグリットの遠眼鏡である。


(写真は『マグリット』東京美術より)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『水仙月の四日』38。 | トップ | ちょっと寒いナ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。