続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2467。

2016-10-31 06:23:57 | カフカ覚書

わたしたちは、依然として希望を棄てていませんでした。ゼーマンは、父にたいへんな賛辞を呈することからはじめ、父を消防団の誇り、後進者の手のとどかない模範、欠かすことのできない団員と呼び、このような人物にやめられたら、消防団が壊滅に瀕することは必至である、と述べました。


☆わたしたちはまだ希望を抱いていました。彼は父(先祖)への称賛を広めることから始めました。先祖の団結は誇りであり、後進への欠かせないメンバーと呼び、このように除外されたら団結は破滅せねばならなくなる、と言いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デュシャン『9つの雄の鋳型』 | トップ | 『銀河鉄道の夜』282。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。