続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2440。

2016-10-01 06:10:46 | カフカ覚書

父は、たえず祭典のことばかり話していました。父は、消防団のことでいろいろ計画していることがあったのです。と言いますのは、お城にもお城の消防団がありましてね、祭典にも代表団を派遣していたのですが、この消防団のことがいろいろ議論の的になっていたからです。


☆父は、たえず要塞(大空)のことばかり話していました。父は火のような輝きを制止できないことでいろいろ計画していることがあったのです。お城(本当の死/冥府、あるいは推論)には火のような輝きを制止することがありましてね、要塞(大空)にも巧みさをもって使いを出していたのですが、この火のような輝きを制止することは、いろいろ議論の的になっていたのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見つからない。 | トップ | 『銀河鉄道の夜』255。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。