続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

デュシャン『3つの停止原基』⑥

2017-06-20 06:41:20 | 美術ノート

 『3つの停止原基』

 この箱の蓋の上面が写真では不明だけれど、蓋の裏面にあるネジ止め三か所の位置を見ると、首を傾げたくなる。果たしてどんな持ち手が付いているのだろう。バランスに疑問があり、力学的に見て力が最小になる位置ではない。
 要するに、持ち上げられない造りである。もっとも失笑すべき留め具の不備を見れば、持ち上げるに足りない造りであることは明白である。つまり開閉自由であり、箱の内部は解放されているということである。

 この箱に収められるべく置かれた『3つの停止原基』である3本の木製版。すべて糸が描く曲線に沿って削られた細長い木製版は、言うまでもなく《偶然》の象徴であり、3つの《現象》の具現化である。
 この各現象を納めるべく用意された(人知の巧と人知の軽薄)が混在しているこの箱は、一族のルーツと言ったが、宇宙原理という深さをも孕んでいる。

《偶然》と《必然》が一つの箱に集約され収められる《存在》という現象への究明である。


(写真は『DUCHAMP』TASCHENより)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デュシャン『3つの停止原基』⑤ | トップ | お手紙。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。