続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

デュシャン『九つの雄の鋳型』 

2016-09-18 06:30:27 | 美術ノート

 『九つの雄の鋳型』

 九つは一応人間の職業を名付けられているらしい。
 しかし人として、足を想起させるものもあるが、手はなく頭部もない。つまり人間に結びつけるには困惑がある。
 そして鋳型というからには、同型のものが大量に生産、増殖される起型ということである。それぞれの異種業種、任意の鋳型は限りなく同じタイプを増殖させていく。その幻の大群(群衆)を『雄』という判別で括っている。

 確かに人間を大別すると、雄(男)と雌(女)である。しかし、この鋳型から明らかに『雄』であるという根拠を示すものは無い。鋳型という硬質なイメージが多少それに加担しているかもしれない。
 描かれたものであるから立っているが、非常に不安定な形態であり直立は常態ではないと思われる。
 この『九つの雄の鋳型』を縫うように『停止原基の綱目』の線条が被さっている。原基とはそのものの基であり、このものの原初、始まりを暗示している。
 《九つの職業⇔不定の鋳型⇔存在の原初》は《現在⇔不定⇔過去》というように時空を分散あるいは粉砕している。

 この九つの雄の鋳型は見えるように克明に描写されているが、《見えない混沌の無空》を意味している。無意味に帰していると言ってもいいかもしれない。

 つまり存在を露わにしているが、非存在の無空を描いたものであり、見えているが見えない深淵である。


(写真は『DUCHAMP』ジャニス・ミンク/TASCHENより)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デュシャン『フレッシュ・ウ... | トップ | 大事なこと。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術ノート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。