続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

デュシャン『ローズ・セラヴィよ、何故くしゃみをしない?』

2017-05-26 06:22:37 | 美術ノート

 『ローズ・セラヴィよ、何故くしゃみをしない?』

 不思議な作品である、美的鑑賞をもって制作したとは考えにくい。視覚に訴えてはいるが、造形の妙はむしろ排除し、いかにも偶然であるかの様子を呈している。
 鳥かごと言っているが、11.4×22×16㎝はいかにも小さい。
 角砂糖型にカットされた大理石が152個も入っているらしいが、同型の規格は教育された観念・常識・従順を想起させる。無作為にカゴに収められているが形態を見失うこともなく、ほぼ整列せざるを得ない立方体の集合である。
 鳥かご・大理石・イカの甲・温度計に関連のサイクルを見いだせない。イカの甲や温度計はカゴに納まりきれずに飛び出しており、要するにカゴは開かれている。開かれてはいるが、出ていく機能のない無機物質の集合である。

 この小さなカゴの中に収容(拘束)されたこれらは《失笑物》である。違和感・不条理・役立たず…負の景色を提示している。
 窮屈にひしめき合う角砂糖型大理石の滑稽、出口を塞ぐ(大理石に比して)大きなイカの甲は威圧的だが、どちらの硬さが優位を占めるかは判然としている。
 固い大理石に対し温度計のガラスに予想される破損…小さなカゴ(世界)の中の強弱の混在である。社会に酷似した小さな構造、脱出は可能だが出るべき術を持たない。

『ローズ・セラヴィよ、何故くしゃみをしない』、わたし(デュシャン)の中のローズ・セラヴィよ、何故この状況に生理的反応を惹き起こさない?
 状況は淋しく閉ざされている。さぁ、この陳腐なカゴの中をどう見る?
 自身を問うデュシャンの眼差しがある。


(写真は『DUCHAMP』TASCHENより)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『水仙月の四日』47。 | トップ | 紙芝居編【3学期】第3回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術ノート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。