続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2517。

2016-12-28 06:21:27 | カフカ覚書

村の人たちは、わたしたちがみんなのところへ出かけていき、父が仕事場を再開しアマーリアがーあの子は、美しい着物を仕立てるのが上手だったのです、もちろん、よいご家庭のものしか手がけませんでしたがー


☆来世の人たちは、ただ単に留まり、父(先祖)は再び活動を始めました。アマーリアは、すでに告訴し、小舟を接近させていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マグリット『哲学者のランプ』 | トップ | 『銀河鉄道の夜』331(了)。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。