続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2788。

2017-10-21 06:26:53 | カフカ覚書

この深更の訪問者は、何か小声でたずねt。オルガもささやき声で答えた。しかし、相手は、その返事に満足しないで、部屋に押し入ろうとした。


☆遅い訪問者は囁くように訊ねた。オルガもささやき声で返事をした。しかし、それに関して満足しないで、死ぬことを切望した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 間食の恐怖。 | トップ | 『どんぐりと山猫』16。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。