続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

マグリット『巨人の時代』

2017-08-02 06:53:31 | 美術ノート

 『巨人の時代』

 一見すると、(男に襲われている女/男を力いっぱい拒んでいる)という感じである。
 しかし男の腰の位置が女の腰の位置より低く、両の手も腰(お腹)と太腿のあたりである。
男はこの体制で力が入るだろうか。

 女は男の両肩に手を置いている(掴んでいる)、引きづり込んでいると言ってもいいかもしれない。女は女の陰部に触れそうな位置の男の手を見ている。

 男性優位と思われがちな性行為、しかし必ずしもそうではないと暗に仄めかしているのではないか。
 女は裸体であり、男は着衣である。
 男の側からの強姦に見えるこのシーン、女の側の《誘惑》であり、力づくで誘う、誘われる男の恐怖(?)である。
 愛の強さは女を巨人に変貌させるかもしれない。


(写真は国立新美術館『マグリット』展・図録より)  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『山男の四月』21。

2017-08-02 06:37:46 | 宮沢賢治

 山男はびつくりしてふりむいて、
「よろしい。」とどなりあしたが、あんまりじぶんの声がたかゝつたために、円い鉤をもち、髪をわけ下駄をはいた魚屋の主人や、けらを着た村の人たちが、みんなこつちを見てゐるのに気がついて、すつかりあわてて急いで手をふりながら、小声で言ひ直しました。


☆太陽の談(話)の照(あまねく光が当たる=平等)は掩(隠している)。
 考えを発(明らかにするには)、化(形、性質を変えて別のものになる)で兌(取り替える)。
 語(言葉)の奥の趣(考え)の図りごとの記である。
 尊く腎(大切なところ)を兼ねた記を究(つきつめる)。
 衆(人々)に照(あまねく光が当たる=平等)が現れる自記である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『城』2714。

2017-08-02 06:20:06 | カフカ覚書

そのある従僕がわたしに、きみの弟がお城で口を見つけられるように努力してあげよう、すくなくとも、バルナバスがなんとかしてお城にやってきたら、彼を援助してやろう、つまり、力づけてやろう


☆きみの仲間がお城(本当の死)での先祖の立場を見つけられるように約束しよう、少なくともバルナバスが何か他の方法で城(本当の死)に現れるように援助してしてあげよう、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加