縫い取り(二) 八寸名古屋帯

2017年07月19日 | はたおと ‥織りものがたり
 縫い取りの技法を時間をかけて習得した後、仕上げにお太鼓柄の八寸名古屋帯を織ります。お太鼓の柄を縫い取りで表現するのですが、じっさいに着付けるときに苦労しないように、自分の体形に合わせた帯の長さ、お太鼓と帯前部の柄の位置、柄のデザインや色、レイアウトまで、しっかりと設計します。

 下はお太鼓柄のデザイン図。手持ちの帯を参考にしながらレイアウトを決めました。着付けるときに柄を出しやすいよう、縦長のデザインに。



 柄以外の部分は単純な平織りですが、八寸帯だから巾を一定に保つだけでなく、左右の両端がきれいに仕上がるよう、緯糸の折り返しに十分気をつけながら織りすすみます。
 まずは無事にお太鼓部分の縫い取りが完成。ところどころにわずかに金糸を入れて、アクセントに。下の写真は仕立て上がり後のもの。



 そして、もっとも苦労するのが半巾に折って着付ける帯前部の柄のレイアウトです。左右向かい合わせのデザインにするのですが、鏡合わせでなく、中心をすこしだけずらします。ここで、上下左右のレイアウトをまちがえてしまうと、着付けたときにタイヘンなことに!?なってしまいます‥。でも、このころには縫い取りにすっかり慣れていましたから、すこしずつ、デザインどおりに柄が織り出されてゆくのを楽しむゆとりがありました ^^

 帯前部を織ってしまえば、あとは手先までひたすら平織り、平織り‥。そうそう、経糸はかなり太めの糸ですが、緯糸の玉糸は3色(空色、黄色、桃色)に染め分けて、3色の糸をねじりながら1本に束ねて入れています。

 帯前部の柄のレイアウトと、仕立て上がり後に着付けてみたときの写真です。思いのほか柄出しがうまくいって、気分は上々です ^o^



 きれいに仕立て上がってきたときは、13メートルを織った縞木綿の着尺のときより、何倍もうれしかった~ 縫い取りって、楽しいです♪ もうひとつ、濃い色の地の八寸帯を織ってみたいな~ ^-^

 

縫い取り(一) ヘッドレストカバー

2017年07月03日 | はたおと ‥織りものがたり
 
 ブログをお休みしていた間に織り上げた作品を、ひとつずつご紹介してゆきます。

 高等科の最終課題である縞木綿のきものを織り上げると、いよいよ専修科。まずは「縫い取り」の技法を学びます。平織りの緯糸に色とりどりの刺繍糸を織り込んで自由に絵柄を描きます。大好きな鳥の絵をデザインして、ヘッドレストカバーをつくりました。鳥たちの音楽隊です ^^

 地は平織りだから、経糸と緯糸が垂直に交差するため、刺繍糸で曲線を描くのがちょっとむつかしい。さらには機にかけた経糸の下側に下絵を当てて、下絵のとおりに上から刺繍糸を入れてゆき、踏み木の踏み方によって刺繍糸の出かたを変えるのですが、下側のほうが布の表になるよう織りすすむ‥という、なんともはや、やりにくい織りかた!なのです。それでも練習を重ねるうちに、刺繍糸を入れる織目に検討をつけながらうまく表現できるようになります。織り上げた後、裏にインド更紗の布をつけてリバーシブルにしています。

顔と胴体部分で、刺繍糸の出かたがちがいます


 さて次の課題は、この縫い取りの技法でお太鼓柄の八寸名古屋帯を織ります。
 さすが専修科‥ 難易度高すぎます ^^;

 

柳絮(りゅうじょ)

2017年06月08日 | 季節を感じて ‥一期一会
 
 柳絮(りゅうじょ)、をご存知でしょうか。

 職場の敷地内にある池のたもとに川柳の大木があって、毎年5月の下旬ころになるとたくさんの綿(これを絮という。白い綿毛のついた柳の種子のこと)を飛ばします。初夏の空のもと、まるで雪が降りしきるようなふしぎな光景です。「やなぎ」と聞いてすぐに思い浮かぶのは枝の垂れた糸柳ですが、日本においては糸柳の柳絮はあまり見られないそうな。

 柳絮‥ とても詩的な表現だけれど、風に吹かれるままにふわふわと飛んでゆくそのさまから、中国では移り気なようすをたとえるときに使われるそうです。


 7日、関東は梅雨入り。体調をくずしやすい季節です。
 みなさま、ご自愛くださいませ。
 

雪月花のこと ‥ごあいさつ

2017年06月05日 | 雪月花のこと

 2016年5月から一年ほどお休みしてしまいました‥ みなさま、お元気でしょうか。
 これからもゆるゆると雪月花のつぶやきに、どうぞおつきあいくださいませ。

 <近況報告>
 ・手織り教室に通い始めて三年余りがすぎました。
  現在はカリキュラムの最終課題「草木染め絹着尺」にとりかかっています。
 ・6年ぶりに信州の「クラフトフェアまつもと」へ行きました。
  この季節の松本はほんとうに楽しいです♪ 近々また訪ねたいとおもいます。
 ・更年期ですから体の不調はいろいろありますが‥ 元気です ^^

 * * * * *

 日本の美しいものを代表する言葉「雪月花」。この言葉の意味を長い間考えてきました。わたしの結論は「花を惜しみ、月に嘯(うそぶ)き、雪に親しむ」暮らし‥、刻々と移りゆく季節の中で一日一日の暮らしを心から楽しむこと、でした。この国の美しい和のこころは、四季折々の日常生活の中に息づいています。西洋化がすすみ、きもの姿で街を歩きにくくなっている今日だけれど、むずかしく考えないで、暮らしの中に気軽に日本の美しいものを取り入れてゆきたい、そんな気持ちでこのページを作っています。ささやかな、季節感あふれる「和の暮らし」、日本を楽しんでいるわたしの記録です。
 
コメント (7)

縞木綿のきもの

2016年05月11日 | はたおと ‥織りものがたり
 
 二年に一度の春に開かれる手織り教室の作品展に、はじめて出品しました。未熟ながら、柄織りのブックカバースヌードノッティングの椅子敷き、そしてことしの一月に織り上げた縞木綿の着尺を単衣のきものに仕立て、会場の一隅に並べていただきました。

 足を運んでくれた母や友人たちと、300点もの作品をゆっくりと見ながら楽しい時をすごしました。中には、思わず手にとり「譲っていただけないかしら」とおもうものや、今後の参考にさせていただいた作品が多数あり、よい刺激をたくさん受けました。お世話になった先生や先輩たちに、感謝のきもちでいっぱいです。

 作品展のあと、手もとにもどってきた木綿のきものを着て、いそいそと日本橋へ出かけました。少々蒸し暑い日だったから、さりげなく緯吉野を織り出した九寸名古屋帯にモダンな色づかいの帯締めを合わせ、すっきりとした装いに。ふらりと立ち寄ったお店の店員さんに「涼しげですね」とほめられて、すっかりいい気分に ^^

 でも、織りが未熟なせいで着心地はいまひとつ。織っているときから縞が立ちすぎたかな‥と気になったけれど、袖をとおしてみるとこれが案外、強すぎず、弱すぎもせずの、なかなかよい塩梅の縞で、着姿もちょっぴりスレンダーに見える(気がする!)のです。

 最初のきものにしては上出来かな。 出番の多い一枚になる予感です。