横浜焼売(シウマイ)物語2017

ハマのシンボル崎陽軒なら、シュウマイじゃなくシウマイね。「自分キャラ」始めました。更新随時

北海道でっかいどう(その3)オシンコシンでイオンシャワー

2017-07-30 19:00:00 | 旅行、おでかけ
北海道でっかいどう(その2)近くて遠い、オホーツクの海
北海道でっかいどう(その1)網走番外地
北海道でっかいどう(前書き)
____

滝というのは山の奥にあって。という思い込みをあらためます。





オシンコシンとはアイヌ語で「オ・シュンク・ウシ」。
川下にエゾ松野しげるところ、という意味だそうです。

国道沿いの階段をひょいと上ると目の前にこの美しい滝が姿を現します。



今年意味ウトが北海道に社員研修旅行へ出かけた時のこと。
レクリエーションで川下りをした時、飛沫の中にも水中にもコロポックルさんたちがいて、きゃあきゃあと大歓迎。
遊ぼう遊ぼうと誘ってきたのだそうです。
この滝の周辺にもあちこちでキラキラ。
こちらを伺っているのか、気にもしていないのか、

あっちでヒソヒソ、こっちでヒソヒソ。

こんなに人間が近づいているのに、怖がるでもなく実にマイペース。

そのせいか、

見える人にも見えない人にもキラキライオンシャワーを惜しみなく分けてくれるおおらかな滝でした。

この美しさがずっと続きますように。


北海道旅行第1日目の終わりです。

2日目以降は、写真整理をしてまた書きます。続く!
_____

以前の話は、
北海道でっかいどう(その2)近くて遠い、オホーツクの海
北海道でっかいどう(その1)網走番外地
北海道でっかいどう(前書き)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道でっかいどう(その2... | トップ | 7月の萩子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。