横浜焼売(シウマイ)物語2017

ハマのシンボル崎陽軒なら、シュウマイじゃなくシウマイね。「自分キャラ」始めました。更新随時

おせっかいでごめんね。

2016-10-23 19:00:00 | 日常茶話
ご近所の野毛山動物園
ここ数年。来場者が急上昇中。
入園無料と、こじんまりした広さとアットホーム感が
お子さん連れのファミリー層と観光客に周知浸透した結果。
それはとても喜ばしい限りなのですが、
最近気がついたことがあります。

徒歩の来訪者が、何故か遠回りをされてやってくる。
特に横浜駅方面?桜木町?日の出町?から歩いてやってくる人々。
決まってその角をまがった方が近いのにわざわざ、スルーして動物園の真下を通り越し、
遠い方の上り坂を『マダアルクノ?』という顔で延々歩いて行きます。

その手には決まってスマホ。そしてほとんど周囲の様子に気づく風もなく、
ポイントになる目印ばかりに気を取られています。

注意すればそこの崖が動物園の端だとわかるし、
鳥や獣の匂いがかすかにかすかにするし、声も聞こえるから
そっちに行ってみようと思わないのか、今時は?
自分の感覚よりモニター画面の方が信頼できるらしい。

先日も小さいお子さん連れのファミリーが、炎天下、
例のごとくナビに誘導されて遠回りコースへ。
もう一つ説明すると、
この遠回りコースは車が結構飛ばし双方向から走ってくる上、
全く日陰のない灼熱の坂道。
はっきり行って子ども連れにはオススメしません。

このファミリーも、子供はぐったりベビーカーに。
パパとママは大汗かいていて、荷物も重そうです。

おせっかいおばさんはつい、

「その手前の坂を登った方が近いし、日陰だし、
一通だから正面から来る車にだけ注意をすればいいし、
途中フェンス越しに動物園の中が見えて(上り坂でも子どものモチべーションが下がらない)楽しいですよ」
と、口だしちゃった。
このご時世、
ガン無視される可能性だってあるかもしれないし、
不審者扱いされるかもしれないから声かける方もドキドキ。
幸いにも、今回はこちらが恐縮するくらい感謝されましたが、
やっぱりおせっかいだよねー、と複雑な気持ちです。

ナビは便利なんだけど、
どうかすると、人の気持ちや生活動線を全く考慮していないことがあるので
参考程度に、ね。

改めて野毛山動物園までのアクセス。
横浜駅東口からアンパンマンミージアム経由で野毛山動物園に行く市営バスが運行中。

終点ではないので要注意。桜木町駅からも乗車できます。
最短アクセスは京急線日の出町下車。徒歩。ただし上り坂。
動物園に駐車場はありません。(ハンディキャップ車両を除く)
_____

<お知らせ1>
今年もやります!清五郎農園の愛媛みかん!!直接販売!!
今年の早生ミカンも美味しいよ♪
場所:馬車道祭り会場
日時:10月31日〜11月3日

赤いのぼりとトナ・カイが目印、ワゴンの場所は多分関内ホール向かい山下眼鏡店の前あたり。

遊びにきてください。
_____
<お知らせ2>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魔法の壺 | トップ | 発券証明 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常茶話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。