あるくみるきく_瀬戸内シーカヤック日記

瀬戸内を中心とした、『旅するシーカヤック』の記録

瀬戸内シーカヤック日記: YB125SPで一泊二日のツーリング_『かねと食堂』、『興居島』、『ビアガーデン』、『鈍川温泉』

2017年06月10日 | 旅するシーカヤック
この週末は、天気こそ晴れだが風が強い予報。
シーカヤックは難しそうだし、自転車でのキャンプも風が強いと面倒だ。 はてさて。。。

じゃあ久し振りにバイクで一泊二日のツーリングを企画しようとネットをチェックしていると、松山のホテルで宿泊とビアガーデンがセットになったプランを発見!
ビールが何よりの大好物である俺にはぴったりのプランではないか。

これで今回のプランは決定!!! 楽しみである。

***

2017年6月9日(金) 今回はキャンプではないので、着替えの下着と若干の荷物のみの簡単装備なので準備はあっという間に完了。
『じゃあ行ってくるよ』


空は晴れて、絶好のバイクツーリング日和。

愛車のYB125SPで、とびしま海道をトコトコと走る。
単気筒の125ccなので、ぜんぜんパワフルではないのだが、バランサーの効果もあって走りはとてもジェントルであり、海沿いの道をのんびり流して走るには丁度良い相棒である。

***

フェリー乗り場がある岡村島に到着。

今治行きのフェリーに乗り込み、海を眺めながら本を開いてしばしの船旅を楽しむ。


***

少し雲が出てきたが、今日も芸予ブルーが美しい。

海の蒼とフェリーの白い航跡、空の青と白い雲。
これらのミックスとコントラストがなんとも言えない雰囲気を醸し出している。

この航路での最大の見せ場。

橋の下をくぐる時の景色は、毎回楽しみである。


***

約1時間半ほど船に揺られ、今治港に到着。

まずは、港近くにある『かねと食堂』さんへ。

今治では、ここがお気に入りの食堂。

今日は、初めて試す『カレー中華そば』

カレー味の出汁が美味しく、汁まで完食してしまった。
『ご馳走様でした』

***

ここからは、松山まで山越えルート。
約1時間半ほどで、高浜に到着。

ここから、目の前にある離島、興居島に渡ってみるつもり。


***

しばらく待っていると、フェリーが到着。

想像していたよりも大型のフェリーだったので驚いた。
隣には、中島行きのフェリーも接岸してきた。

次回はゆっくりとしたプランを組み、中島へも渡ってみたいものである。

***

夏目漱石の坊ちゃんに出てくる『ターナー島』

フェリーは美しい景色の中を興居島に渡る。
時間はわずか15分ほど。

興居島に到着すると、バイクで海沿いの道を北上。

北端からは、西に進路をとって山道へ。

アップダウンのあるワインディングをのんびりと走り、景色を楽しむ。

ここは、自転車で走っても楽しめそうだ。

帰りのフェリーでは、ドーナツとコーヒーでしばし休憩。


***

今日の宿は、ホテルクラウンプラザ松山。

チェックインすると、部屋に荷物を置き、再びフロントへ。
『ここは、貸自転車はありますか?』 『はい、ありますよ』
『道後温泉までは、どれくらいかかりますか?』 『だいたい20分くらいでしょうか』
フロントに用意してあった地図をもらい、貸自転車で道後温泉へと向かう。

松山市内は、歩道と車道の間にしっかりと自転車の走行帯が設置してあり、自転車には走りやすくてグッドな街である。

***

道後温泉に到着。

1時間ほど、のんびりとお風呂を楽しんだ。

商店街では、期間限定というレモン母恵夢を発見し、妻へのお土産として購入。

***

ホテルに戻り、6時からはビアガーデンで夕食。

まずは、冷え冷えのビール。

『いただきます!』 グビ、グビ、グビリ。 『プハーッ、旨い』
海を眺めながら浜辺で飲む缶ビールも美味いのだが、やはり生ビールは最高だ!

***


ビールを飲み、景色を眺め、簡単な食事を摂る。

まだシーズン前だからか人も少なく、明るく親切なスタッフの方々のサービスも最高で、静かに美味しいビールをたっぷりと堪能することができた。
『ご馳走様でした』

これは良いプランだなあ。 また来よう。

***

翌朝は、ホテルで朝食を摂るとバイクで出発。
今日の午前中は、鈍川温泉でのんびりとお湯に浸かる予定であり、再び今治までの山越えルートを走る。
実は昨日このルートを走った時に、路面に縦溝がつけられている箇所がいくつもあり、そこではバイクの安定性が悪くなり危険を感じたのであまり走りたくなかったのだが、鈍川温泉に行くには最短ルートなので仕方なく走ることにしたのである。

この縦溝はバイクに乗っているとスピードを出していなくてもハンドルをとられる感じで安定性が低下し、本当に不安を感じるので、次回はこのルートは避けて海沿いルートにしようと思う。

***

鈍川温泉ホテルに到着。

お気に入りの鈍川温泉のアルカリ泉を、1時間ほど、体を伸ばしてのんびりまったり楽しんだ。

『ああ、いいお湯だったなあ』

***

今治港にバイクを置くと、商店街を歩く。

今日のお昼ご飯も、かねと食堂さんへ。

今日は、カツライス。

揚げたてのカツに、デミグラスソースがたっぷりとかけられ、サラダと福神漬けも供される。
『ご馳走様でした』

***

今治港から、再びフェリー。

今日は風が強く、フェリーは揺れながら岡村島へと向かった。

久しぶりに道後温泉を訪れ、興居島へも渡り、鈍川温泉もたっぷり楽しむことができた。
そして、夜はビアガーデンで冷え冷えビール三昧!

今回も、なかなか充実した旅であったなあ。

***

独り旅を楽しむ生涯不良のサラリーマン・シーカヤッカー。
さて、来週はどこ行こう?
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瀬戸内シーカヤック日記: ... | トップ | 瀬戸内シーカヤック日記: ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む