せとピアノ教室~千葉県野田市~

もっとピアノが好きになる!人としても成長できるピアノレッスン♪
          
 
 

《石嶺尚江先生・千葉セミナー》今日が第1回めでした♪

2015年06月29日 | 勉強会(ピアノ指導・演奏 その他)
こんにちは。
ピアノ大好き!人が大好き!
野田市(旧関宿町)の「せとピアノ教室」

講師の瀬戸喜美子です♪



今日は、ギロ友柏支部主催

《石嶺尚江先生🎵千葉セミナー》

の第1回めでした。

このポスター、支部長のキティ先生にちなみ、キティちゃんを載せてみましたよ(^^)


受講生は、ギロ友メンバーとお知り合いのお友達先生方です。

セミナーは全8回。今日はその初回でした。

今日のテーマは

『導入で決まる、必勝指導法』
(ポスターには“始まる”となっていますが、“決まる”が正しいです)


導入のテキストはたくさん出版されています。

でも、石嶺先生は、そのテキストに入る前にしっかりとレッスンされています。

言わば《導入》のための導入です。


「ピアノって楽しい楽器だね」

「こんなこともあんなこともできちゃうね」

「やってみたい?」

「できた!すごーい!」


そんな風に楽しみながら、

左右の認識

数の認識

高低の認識

指番号の認識

リズムの認識


などなど、オリジナルの教本を作り、アイデア満載のレッスングッズを使い、適切な言葉がけをし、『女優』となって(笑)、それはそれは楽しいレッスンをされています。

レッスン風景の映像を見せていただきましたが、生徒さんたち、本当に楽しそう

そして、どんな力をつけるためにそのことをやっているのかを、ひとつひとつ付き添いのお母さまにお話することが大切だとおっしゃっていました。


今日のセミナーで教えていただいた指導内容は、ウチの生徒さんのレッスンでも取り入れたいものがたくさんありました。

2時間半の有意義な楽しいセミナーでした(#^.^#)


そしてセミナーの後は、ランチ会

キティ先生のパンやスイーツやサラダなどなど、美味しいものがテーブルに並びました

昨夜「ももたん脱走事件」があり、ほとんど寝ていないというキティ先生。
それなのに、こんなにいろいろ作ってくださって、ありがとうございます

ご馳走さまでした(≧∇≦)





口にいっぱい頬張って、私はその後自分のピアノのレッスンに出かけました♪

*********************************



ただいま生徒さんを2名募集中です♪
まずは体験レッスンから!


体験レッスン(無料)の日程はコチラをご覧ください。


「せとピアノ教室」ホームページは、コチラから

お気軽にお問い合わせください(^O^)

せとピアノ教室
電話&FAX 04-7196-4605
Eメール setopiano.k29@gmail.com


 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村   ←ランキングに参加しています。ポチっと押して下さるとうれしいです! 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へにほんブログ村






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Kちゃんが銀座ステップに参加しました♪

2015年06月28日 | ピティナ関連
こんにちは。
ピアノ大好き!人が大好き!
野田市(旧関宿町)の「せとピアノ教室」

講師の瀬戸喜美子です♪



今日は、小6のKちゃんが、ヤマハ銀座店コンサートサロンで開催された

ピティナ 銀座ステップ

に参加しました♪


演奏順は、第3部の12番、最終奏者です。

今日は、リトミック講習会の第2回目がありまして、13時ピッタリに終了し、会場を飛び出ました!

そうしたら、乗れないと思っていた電車に間に合ったので、第3部の開始にギリギリ間に合いました

Kちゃんは、

♪ブルグミュラー作曲 『18の練習曲』より「ゴンドラ漕ぎの歌」

♪バルトーク作曲 『ルーマニア民族舞曲』より 1・2・4・6番

を弾きました。

『ルーマニア民族舞曲』は、お友達先生の発表会のお手伝いに行った時に、生徒さんが弾いてらっしゃって、これはKちゃんに弾いてもらいたいと思って選びました。

まさかコンペD級(中学2年生以下)の課題曲になってるとは、その時は知りませんでした

近現代の曲は難しいです。

[民族舞曲]なので、ワルツやメヌエットとは違います。その土地の人々がお祭りで踊るような、少し泥くさい感じを出すために、色々工夫しました。

「ゴンドラ漕ぎの歌」は、〈バルカローレ(舟歌)〉の様式なので、左手は絶えず水の流れを意識し、2回同じメロディーが出てくるときは、タッチを変えたり、テンポや間の取り方に変化を持たせました。


本番でも、落ち着いていい演奏をしてくれました。

ただ、大きいピアノの特徴である

低音が響く

が、まさに起こり、会場が狭いだけ余計に低音の音の大きさが際立ってしまったのが残念でした。(ヤマハCFXを使用)


本人いわく、鍵盤がとても重かったそうです。

軽いのも弾きにくいですが、重いのはもっと弾きにくいですね。

よく頑張りました!

Kちゃん、お疲れ様でした(^^)

また素敵な演奏を一緒に作り上げていきましょうね




*********************************



ただいま生徒さんを2名募集中です♪
まずは体験レッスンから!


体験レッスン(無料)の日程はコチラをご覧ください。


「せとピアノ教室」ホームページは、コチラから

お気軽にお問い合わせください(^O^)

せとピアノ教室
電話&FAX 04-7196-4605
Eメール setopiano.k29@gmail.com


 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村   ←ランキングに参加しています。ポチっと押して下さるとうれしいです! 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へにほんブログ村










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上野へお出かけ!今回はコンサートではありません(^^)

2015年06月28日 |  講師の日常
こんにちは。
ピアノ大好き!人が大好き!
野田市(旧関宿町)の「せとピアノ教室」

講師の瀬戸喜美子です♪



昨日は、上野に出かけてきました。

私が上野に出かけるときは、たいていコンサートを聴きに東京文化会館へ♪

でも、今日は、東京文化会館を左手に、国立西洋美術館を右手に見てまっすぐ歩き・・・

あっ!上野動物園だ!

いえいえ、動物園の手前で右に曲がります。

そこは、東京都美術館です(^^)

『大英博物館展』を見に出かけました。



東京での開催は今日6月28日まで。ギリギリセーフ!

ちなみに、映画「ナイト・ミュージアム」の新作・第3弾のお話は、大英博物館が舞台です。

西洋史を専攻している次女と一緒に出かけてきました(^_^)v

娘はひとつひとつの解説文をじっくり読み、展示物をよーく観察し、

「あぁ、○○ね」「へぇー、○○なんだ」とつぶやきながら‥‥

私も半分くらいは娘と一緒にじっくりゆっくりみていましたが、だんだん足が痛くなってきてしまったため、さっさと読んでさっさと見る。そしてイスを見つけて休憩~、の繰り返し^^;

結局3時間ほど見学しました

次回娘と展覧会に行くときは、スリッパ持参で行こうかと思います(笑)

そうそう!映画「ハリーポッター 賢者の石」に出てきた、大きな魔法のチェス盤は、《ルイス島のチェス駒》というものだったんですね。



他にも歴史的に価値あるたくさんのものを見ることが出来て、とても面白かったです(足さえ痛くなければ)


*********************************



ただいま生徒さんを2名募集中です♪
まずは体験レッスンから!


体験レッスン(無料)の日程はコチラをご覧ください。


「せとピアノ教室」ホームページは、コチラから

お気軽にお問い合わせください(^O^)

せとピアノ教室
電話&FAX 04-7196-4605
Eメール setopiano.k29@gmail.com


 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村   ←ランキングに参加しています。ポチっと押して下さるとうれしいです! 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へにほんブログ村



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「先生!一人で弾けるからそれやらないで!」

2015年06月26日 | レッスン室の風景
こんにちは。
ピアノ大好き!人が大好き!
野田市(旧関宿町)の「せとピアノ教室」

講師の瀬戸喜美子です♪



タイトルの言葉、「先生!一人で弾けるからそれやらないで!」それとは、

私が、楽譜の音を指差しながらドレミを、あるいは指番号を歌うことです。

何人かの小さな生徒さんに言われています^^;

小さな生徒さんにとって、グランドピアノの譜面台ってとても高い位置にあるので、見にくいかなぁと思います。

それと、まだ習いたてなので、生徒さんがピアノを弾く時に、私は楽譜の音をひとつひとつ指さしていくわけです。

指さしながら、生徒さんが歌うドレミや指番号を一緒に歌うのです。

ところが、生徒さんにとって、それは邪魔なようです

多分、この1週間毎日練習して弾けるようになったピアノを、黙って聴いてほしいのだと思います。

また、ある小さな生徒さんは、今月の歌『おうま』をドレミで歌うとき、

「先生は歌わないで!一人で歌えるから!もう覚えたんだよ!」

と頼もしい言葉(^^)

弾いた後の「どう?上手に弾けたでしょ?」

歌った後の「どう?上手に歌えたでしょ?」

と言わんばかりのキラキラした笑顔は、たまりません

その笑顔がどれだけ先生を幸せにしてくれてるか、知ってますか?(#^.^#)


*********************************



ただいま生徒さんを2名募集中です♪
まずは体験レッスンから!


体験レッスン(無料)の日程はコチラをご覧ください。


「せとピアノ教室」ホームページは、コチラから

お気軽にお問い合わせください(^O^)

せとピアノ教室
電話&FAX 04-7196-4605
Eメール setopiano.k29@gmail.com


 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村   ←ランキングに参加しています。ポチっと押して下さるとうれしいです! 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へにほんブログ村







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

せとピアノ教室・夏休み企画は親子レク♪

2015年06月25日 | せとピアノ教室 イベント
こんにちは。
ピアノ大好き!人が大好き!
野田市(旧関宿町)の「せとピアノ教室」

講師の瀬戸喜美子です♪



昨年から今年にかけて、小さな生徒さんがたくさんご入会下さいました。

そして、小さな生徒さんには、もっと小さな弟ちゃんや妹ちゃんがいらっしゃいます。

そこで、今年の夏休み企画は、

親子レクリエーション『おんがくであそぼう♪ ぴあのキッズ』

広い場所で、身体を使って音楽を感じてもらおうと思います。

大きな生徒さんも、
小さな生徒さんも、
生徒さんの弟さんや妹さんも、
生徒さんのお兄さんやお姉さんも、
お父さまもお母さまも、

みんなが楽しめる内容です


それと、ビーズカウンターを作ります。

これは、何回練習したか数えているのは大変なので、1回ごとにビーズを1つ左から右へ移動させるものです。


(ピアノの先生方、いろいろ工夫してらっしゃいます。ビーズカウンターの一例。)

せとピアノ教室・夏休み恒例《100回練習》にさっそく使えますよね(^_^)v



*・゜゜・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

日時・・・2015年7月25日(土) 10:30~12:30

場所・・・野田市いちいのホール4階 和室

参加費・・・無料(ただしビーズカウンターは実費をいただきます。多分100~200円位です)


*・゜゜・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

お楽しみに~\(^o^)/

追記:

大きい生徒さん、吹奏楽部員が多く、ちょうどコンクールの時期ですので、上記に来られない生徒さんは、別の日にビーズカウンター作りをやりましょうね♪

*********************************



ただいま生徒さんを2名募集中です♪
まずは体験レッスンから!


体験レッスン(無料)の日程はコチラをご覧ください。


「せとピアノ教室」ホームページは、コチラから

お気軽にお問い合わせください(^O^)

せとピアノ教室
電話&FAX 04-7196-4605
Eメール setopiano.k29@gmail.com


 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村   ←ランキングに参加しています。ポチっと押して下さるとうれしいです! 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へにほんブログ村







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関宿図書館で絵本を2冊借りてきました(^^)

2015年06月24日 |  講師の日常
こんにちは。
ピアノ大好き!人が大好き!
野田市(旧関宿町)の「せとピアノ教室」

講師の瀬戸喜美子です♪



先日、関宿図書館で絵本を2冊借りてきました。

野田市内の別の図書館所蔵の絵本でしたので、予約して取り寄せていただきました。

『かさどろぼう』と 『もぐらのバイオリン』




梅雨のこの時期、カサは必需品ですね!

ギロ友仲間のH先生は、地元の小学校で“朝の読み聞かせ”の活動をされていて、6月は『かさどろぼう』を選び、5年生に読んであげたそうです。

これはスリランカの絵本です。

そしてもうひとつ、『もぐらのバイオリン』は、アメリカの絵本。

先日ヴァイオリニストの上原さんのレッスンスタジオで、来月のコンサートの練習をした時に紹介していただきました。

どちらも読んだことがなかったので、さっそく借りてきたわけです。


『かさどろぼう』は、最後にクスッと笑ってしまうようなほのぼのとしたお話。

『もぐらのバイオリン』は、心癒やされる素敵なお話。


野田市の方で借りたい方は少々お待ちくださいね。私が返却するまで(笑)

生徒の皆さんは、レッスン室に置いておくので、待ち時間にお読みくださいね。


*********************************



ただいま生徒さんを2名募集中です♪
まずは体験レッスンから!


体験レッスン(無料)の日程はコチラをご覧ください。


「せとピアノ教室」ホームページは、コチラから

お気軽にお問い合わせください(^O^)

せとピアノ教室
電話&FAX 04-7196-4605
Eメール setopiano.k29@gmail.com


 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村   ←ランキングに参加しています。ポチっと押して下さるとうれしいです! 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へにほんブログ村





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいレッスングッズを作りました♪

2015年06月23日 | レッスン関連
こんにちは。
ピアノ大好き!人が大好き!
野田市(旧関宿町)の「せとピアノ教室」

講師の瀬戸喜美子です♪



生徒さんすべてが、スラスラとおんぷを読めるようになってほしいので、今までいろいろやってきました。

スマホアプリ《おんぷちゃん》もそのひとつです。

でも、習いたての、それも小さな生徒さんへのアプローチをどうしたものかと、日々悩んでいます。


たとえばこれ。


左のおんぷは、右のおんぷはです。

第1線上が[ミ]、第2線上が[ソ]です。この判別がなかなかできません。





上の画像、左のおんぷは[ファ]、右のおんぷは[ラ]ですが、難しいようです。




上は、ヘ音記号の[ド][シ][ラ]と、音が下がっていますが、たいていの小さな生徒さんは、これを[ド][レ][ミ]と読んでしまいます。

空間認識が大きく関わっているようで、小さなお子さんは、未熟なんだそうです。

中には小さくてもスラスラ読める生徒さんもいますし、逆に小学校低学年でもなかなか覚えられない生徒さんもいます。

ト音記号のおんぷならスラスラ読めるけれど、ヘ音記号のおんぷだと途端に読めなくなる高学年の生徒さんもいます。

いずれにしても、おんぷをスラスラ読めないと、楽譜を読むのに時間がかかりイヤになってしまいます。ピアノを弾く前の段階でのつまずきとなります。

なんとかして、理解してもらえるように、日々考えています。

この生徒さんにはこの方法が有効だったけれど、あの生徒さんにはあの方法が合っていた

そんなことが常ですので、思いついたアイデアは、とにかくやってみます。

今回、新しいグッズを作りました。

材料はこれ。



カラフルななわとびと、髪を結ぶゴム。


なわとびをチョキチョキ切って段ボール紙に貼り付けて五線譜の線に。

髪ゴム(直径約6センチ)はおんぷに。

こんな感じになりました。




早速、今日のレッスンから使ってみます!

効果があるといいなぁ(≧∇≦)


*********************************



ただいま生徒さんを2名募集中です♪
まずは体験レッスンから!


体験レッスン(無料)の日程はコチラをご覧ください。


「せとピアノ教室」ホームページは、コチラから

お気軽にお問い合わせください(^O^)

せとピアノ教室
電話&FAX 04-7196-4605
Eメール setopiano.k29@gmail.com


 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村   ←ランキングに参加しています。ポチっと押して下さるとうれしいです! 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へにほんブログ村

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッハが晩年に作曲した『蟹のカノン』♪

2015年06月22日 | 音楽全般
こんにちは。
ピアノ大好き!人が大好き!
野田市(旧関宿町)の「せとピアノ教室」

講師の瀬戸喜美子です♪



今、教室だより『くれっしぇんど』の7月号を作成中。

今号の[作曲家コーナー]は、ヨハン・セバスチャン・バッハを取り上げる予定です。

そうしたら、Facebookでこんな記事を読みました。

「天才的な凄さ!バッハが曲の中に仕組んだ秘密に震えが止まらない!」

バッハが晩年に作曲した『蟹のカノン』♪

普通に楽譜どおりに演奏するのは当然ですが、後ろから前へ逆行しても音楽として成立しています。

しかも、『始め』からと『終わり』からと同時に演奏しても美しい音楽として成り立っています。

これは、私は中学生の頃、何かの授業で聞いたことがありました。

「バッハってすごいんだ!」

とその頃インプットされました

どうぞ聴いてみて下さい♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
こちらをクリック


*********************************



ただいま生徒さんを2名募集中です♪
まずは体験レッスンから!


体験レッスン(無料)の日程はコチラをご覧ください。


「せとピアノ教室」ホームページは、コチラから

お気軽にお問い合わせください(^O^)

せとピアノ教室
電話&FAX 04-7196-4605
Eメール setopiano.k29@gmail.com


 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村   ←ランキングに参加しています。ポチっと押して下さるとうれしいです! 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へにほんブログ村



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマホアプリ《おんぷちゃん》で大盛り上がり♪

2015年06月22日 | レッスン室の風景
こんにちは。
ピアノ大好き!人が大好き!
野田市(旧関宿町)の「せとピアノ教室」

講師の瀬戸喜美子です♪



iPadを購入した時に、レッスンに役立てます!というブログを書きました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
コチラをクリック


スマホアプリ《おんぷちゃん》は、iPhoneとiPadでは少し違いますが、いずれも【おんぷあて】と【おとあて】ができます。

[ト音記号だけ][ヘ音記号だけ][両方]のどれかを選び、それぞれ4~5段階の難易度を選べます。

レッスンでは、iPadを使って生徒さんに取り組んでもらっています。

10問正解なら100点。さらに答えた時間も表示されます。

先週金曜日レッスンだった小1のAちゃんは、お姉ちゃんのAちゃんがレッスンの間、何度も挑戦していました。

Aちゃん、音符読みがちょっと苦手

最近ト音記号のドレミファソが間違えなく読めるようになってきました。

五線譜上に示された音を、鍵盤と一致させるのですが、最初は平面の鍵盤だと位置がわかりにくいのか、なかなか満点がとれませんでしたが、何回目かで、とうとう100点満点取れました!

相当嬉しかったようで、「先生、100点だよ!見て見て!」と、画面を私の方に向けました。



根気強く挑戦した結果なので、Aちゃんとっても頑張りましたね

その後もお姉ちゃんのAちゃん、次に来たKちゃん、Sちゃん、Kちゃんも、待っている間、楽しそうに取り組んでいました。

ゲームみたいな感覚で、つまり遊びの感覚でおんぷが読めるようになるので、とても楽しいようです


iPhoneだけでなく、Androidでもこのアプリを取れるようです。

有料ですが、おんぷを読むのが苦手なお子さんには、ぜひお母さまにこのアプリを取っていただき、スラスラ読めるようにお家で取り組んでもらえたらいいです。

ピアノの習得に「おんぷがスラスラ読める」ことは必須ですので。





*********************************



ただいま生徒さんを2名募集中です♪
まずは体験レッスンから!


体験レッスン(無料)の日程はコチラをご覧ください。


「せとピアノ教室」ホームページは、コチラから

お気軽にお問い合わせください(^O^)

せとピアノ教室
電話&FAX 04-7196-4605
Eメール setopiano.k29@gmail.com


 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村   ←ランキングに参加しています。ポチっと押して下さるとうれしいです! 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へにほんブログ村




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月のソルフェージュレッスン♪

2015年06月20日 | レッスン室の風景
こんにちは。
ピアノ大好き!人が大好き!
野田市(旧関宿町)の「せとピアノ教室」

講師の瀬戸喜美子です♪



今日の午後は、6月のソルフェージュレッスンでした。(27日の予定でしたが、変更しました)

用事がありどうしても出かけなくてはならず、朝の8:30に家を出ました。
帰り、電車が遅延しており、一瞬青ざめましたが、レッスンに間に合う時間に帰宅でき、ホッとしました。


今日の内容はー

1. バロック期を学ぼう

2. 好きな和音を選ぼう

3. 移調した楽譜を書いてみよう

4. ピアノの中をのぞいてみよう



Kちゃんは、今ステップで弾く曲が4曲もあるため、バッハのインヴェンションをお休みしてますが、SちゃんとAちゃんは少し前からバッハの小品をレッスン中。

そこで今月は、バッハを代表とする

バロック期

のことを学びました。

音楽は、楽譜に書いてある音を出せばいいというものではありません。

その作曲家の人となりや特徴・時代背景なども知った上で、その曲らしく演奏するものです。

今日は、私が用意した参考資料のプリントを読み進めながら、重要なところに赤線を引いてもらい、バロック期の音楽について学びました。

次回のレッスンでは、穴埋め方式でバロック期を復習する予定です。


[移調]に関しては、前回は移調奏、今回は楽譜を書くことをやってみましたが、さらに続けていく予定です。

今日も充実したレッスンとなりました。

次回は、7月25日の予定です。


*********************************



ただいま生徒さんを2名募集中です♪
まずは体験レッスンから!


体験レッスン(無料)の日程はコチラをご覧ください。


「せとピアノ教室」ホームページは、コチラから

お気軽にお問い合わせください(^O^)

せとピアノ教室
電話&FAX 04-7196-4605
Eメール setopiano.k29@gmail.com


 



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村   ←ランキングに参加しています。ポチっと押して下さるとうれしいです! 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へにほんブログ村





コメント
この記事をはてなブックマークに追加