せとピアノ教室~千葉県野田市~

もっとピアノが好きになる!人としても成長できるピアノレッスン♪
          
 
 

「雨が降って悲しいな」と歌う短調の曲をAちゃんは「楽しい気持ち」?

2017年05月26日 | レッスン室の風景
こんにちは。
〜ピアノで心を育て、豊かな人生を〜
千葉県野田市の「せとピアノ教室」
講師の瀬戸喜美子です♪
ご訪問ありがとうございます♪


**********************

ある日のトップバッターは年長さんのAちゃん。

何冊かの教本のひとつ、ピアノランドの中の

『レイン レイン レイン』

を練習してきてくれました。
この曲は、短調の曲です。

(雨が降ってしまったから外で遊べない。やだなー)

といった感じの内容の歌詞が1番2番で歌われます。

音名(ドレミ‥)を言いながら弾いたり、リズムを言いながら弾いたり、歌を歌いながら弾いたりしました。

そして、こう尋ねました。

「Aちゃん、この曲はウキウキ楽しい感じがする?それとも悲しいなーって感じがする?」

すると元気よく

「楽しい感じがする!!」

とのお答えが返ってきました。

(えっ?本当に?どうしましょう。長調から感じる明るさや楽しさと短調から感じる寂しさや悲しさや暗さは、自分の心で感じ取るものです。「これは楽しいのよ」「悲しいよね」と私が押し付けてはいけません。まずはなぜ楽しいと思ったのかを聞いてみましょう)

Aちゃんに聞いてみると、Aちゃんは雨が好きなのだそうです。

「Aはね、雨が好きなの。だから楽しい気持ちになるの。」

(おお〜!そういうことなのね!)

「そっかー、Aちゃんの気持ちは楽しい気持ちなんだねー。じゃあこのお歌の気持ちはどう?1番の歌詞に“やーだ、やーだ”ってあるよね。」

と、歌詞にも目を向けてもらうと、Aちゃんは、楽譜に書いてあるイラスト[外は雨で、お家の窓から外を見てる男の子の絵]を指差して、

「この子は悲しい気持ち」

と言いました。

「そうだよね。雨だから外で遊べない。やだなーってこの子は思ってるんだよね。じゃあこの子の気持ちになって弾いてみようよ」

とうながすと、タッチもやさしくなり、テンポも少しゆるやかになり、お歌の雰囲気に合うように『悲しげに』弾けました。

音楽が持つ色合いや雰囲気を感じ取り、自分の気持ちを音楽に添わせるように。そしてそれを表現できるように。

それが、

心を込めて弾く

ということです。

小さなうちからやっていきます。


**********************


生徒さんを若干名募集しています。


 


お問い合わせはコチラのお問い合わせフォームからどうぞ。 


 


「せとピアノ教室」ホームページは、コチラから


お気軽にお問い合わせください(^O^)


せとピアノ教室
電話&FAX 04-7196-4605
Eメール setopiano.k29@gmail.com


 


 


 


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村   ←ランキングに参加しています。ポチっと押して下さるとうれしいです! 


 


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へにほんブログ村


 


 


 


SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー


 


 







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノの楽譜に貼る【ココ気... | トップ | 『待ち人来たる』ならぬ『待... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

レッスン室の風景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。