せとピアノ教室~千葉県野田市~

もっとピアノが好きになる!人としても成長できるピアノレッスン♪
          
 
 

音楽用語のイタリア語を学べる《プチイタリア語講座》第1回

2017年04月13日 | 勉強会(ピアノ指導・演奏 その他)

こんにちは。
千葉県野田市の「せとピアノ教室」
講師の瀬戸喜美子です♪
ご訪問ありがとうございます♪


**********************

以前参加した《プチイタリア語講座》は、音楽用語として使われているイタリア語のもともとの意味などを教えていただき、とてもわかりやすくて勉強になりました。

教えてくださる理恵先生はさらに発展させて3回に分け、月に1回✖️3ヶ月の継続講座をしてくださるということで、今日から3回、理恵先生のお宅で勉強します。



今日第1回は、[イタリア語のアルファベート][イタリア語のつづりと読み方][名詞と形容詞][イタリア語の動詞][強弱記号・速度記号]でした。

「Buongiorno!」(こんにちは)

「Piacere!」(はじめまして)

「Sono Kimiko.」(私の名前はキミコです)

「Sono di Tokyo.」(私は東京出身です)

「Abito a Noda.」(私は野田に住んでいます)

1人ずつイタリア語で自己紹介。

男性名詞と女性名詞

進行形

過去分詞形


など。

ルールにのっとって語尾が変化するのを学びました。

音楽用語辞典などに、言葉が違うのに意味がまったく同じに書かれている用語がありますが、その言葉の意味がわかれば、ニュアンスの違いもわかるわけです。

復習のはずなのに、ひとつひとつに

「ふーん!」「へー!」「ほーほー!」

とうなづく私。

勉強はしっぱなしではいけませんね。

復習がとても大事だと、強く思いました。

次回の講座までに今日教えていただいたことをしっかりあたまに入れようと思います。



私たちが音楽用語として使っているイタリア語が、イタリアでは日常生活で使われているそうです。

つたない英語と音楽用語のイタリア語で、イタリアに行ってもなんとかなるかしら。


講座の後、理恵先生お手製のイタリア料理をご馳走になりました。



お野菜たっぷりのスープとトマトベースのパスタ(ファルファッレ=蝶々)、どちらもとっても美味しかったです。

ハーブティーや紅茶も、ごちそうさまでした。


理恵先生のお宅までのアプローチには、桜や色とりどりのかわいいお花がたくさん咲いていました。



**********************

現在、生徒さんを若干名募集しています。

 

お問い合わせはコチラのお問い合わせフォームからどうぞ。 

 

「せとピアノ教室」ホームページは、コチラから

お気軽にお問い合わせください(^O^)

せとピアノ教室
電話&FAX 04-7196-4605
Eメール setopiano.k29@gmail.com

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ にほんブログ村   ←ランキングに参加しています。ポチっと押して下さるとうれしいです! 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 野田情報へにほんブログ村

 

 

 

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

 

 




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギロック友の会柏支部、4月の... | トップ | 第15回発表会『スプリングコ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。