瀬渡の蔵

管理人・「瀬渡」のゾイドとたまに日常を綴った記録の保管庫

レビュー・アイアンコングPK

2017年06月18日 19時30分17秒 | レビュー(以前物)
前回言ったとおりにゾイドレビューをしようと思います。
迷いに迷って紹介するのはこちら。



アイアンコングPK!!
FORではファイターのロールで、速度が小数点がついた謎のコ。
まずは前と横の姿を。







ちなみにPKとは(プロイツェン・ナイツ)の略で、プロイツェンを守る親衛隊の機体という意味。
プロイツェンって誰?
という、コンセプトアートブックから入った人に説明したいのですが、アニメと冊子の公式バトルストーリーでだいぶと見方が変わるので難しい・・・
簡単に言うと、「亡国を復活するために滅ぼした国の摂政となり、機が熟したら親衛隊と共に自ら囮になって最後は大規模自爆をした人」といったところ。
(結果として、亡国は復活して強大な力を持つ国になります。)


武装やギミックはこちら。


コックピットは頭部。
ちなみに複座式となっています。


よく見ると左右でペダルの位置が違います。
それだけではなく


細かなディテールで左にコンソール、右が各種設定用のレバーが前に付いています。
ここら辺から左が操縦者、右が各種火器のコントロール兼ガンナーと思われます。


今回はPKで変更された武装を紹介です。(元のコングもレビューするだろうし)
右の肩には大型の「ビームランチャー」を装備しています。
頭部側にレーザーサイトを備えており、高い命中精度を発揮するとのこと。


左腕部に「2連装パルスレーザーガン」と「4連装グレネードランチャー」があります。
FORの専用武装はこれのことです。


背部に付いている長いミサイルは「AZ対空ミサイル」。
FORではアイアンコングの専用武装になっていますが、本来はこれの専用武装です。


さらに「ハイマニューバーブースターパック」と2つの「バーニアスタビライザー」で姿勢補助能力が加わりました。
ちなみに速度の強化はバックパックよりも内部の動力機関の強化によるものが大きいそうです。



それと称号にある「ブラッディ・コング」とは、この機体のカラーリングからそう呼ばれ、マーキングにもこのように書かれています。



っといった感じで、アイアンコングPKでした。
最初に限定販売商品を出すのもどうなのかな。と思いましたが、今のうちにやっておいた方がいいと思ったので最初のレビューするのに決めました。
ちなみに、今回はFORのプレイヤブル機でしたがまだまだゾイドはこれだけではないので時折やっていきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リクってみよう | トップ | 確実に(金銭的に)殺しにか... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。